お酒の飲み方…知っておきたい赤信号とは!?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

今年も残すところあとわずかとなりました。
年末はお酒を飲む機会が増えるこだろうと思います。

そこで今回はよく見かけるフラッシングについて
調べてみました。

フラッシングはお酒を飲むことで顔が赤くなる
とゆう症状です。
フラッシングが何故起きてしまうのか…
少しでも理解したうえでお酒と付き合えば
二日酔いを防げる事ができるかもしれません。

まずお酒=アルコールを摂取すると
アルコールは人間の体の中で分解され
アルコール→アセトアルデヒド→酢酸の順に変化していくのですが
アセトアルデヒドから酢酸に分解する力が足りない場合
顔が赤くなりがちと言われています。

顔が赤くなるのは
血行が良くなっているから
健康的だと思っていたという人も多いかと思いますが
実はその真逆で
毒性があり、顔が赤くなったり
吐き気や頭痛が起きる原因となる成分なのです。

分解されない(しきれない)状態になると
こうした症状が出てきてしまいます。
アセトアルデヒドは毒性が強いため
分解されずに体内をめぐると
頭痛がしたり
動悸(どうき)がはげしくなったり…
お酒を飲む

そしてさらには二日酔いに…

二日酔いというのは
アセトアルデヒドやその参加物の毒性
アルコールを摂取することで引き起こされる脱水
体液の酸性化、低血糖
そして飲んだその日は体力が不足していたといったような
原因があわさって起きる症状です。

ならばアセトアルデヒドから酢酸に分解する力を
強くすれば…と思いますが
残念ながら生まれ持ったもののようです。

このアセトアルデヒドから酢酸に分解してくれるのが
アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)といいます。
この酵素により摂取したアルコールによって生じるアセトアルデヒドを
酢酸に分解してくれることになります。

スポンサードリンク

この酵素は1型(ALDH1)と2型(ALDH2)がありますが
2型(ALDH2)のほうが分解する力が強く
その2型を持っていなかったり
働きが生まれつき弱かったりすると
顔が真っ赤になってしまうんです。
しかし…日本人の約半数
生まれつき「ALDH2」の活性が弱いか欠けているようです。

お酒の飲み方2

この酵素の働きが強いか弱いかは
遺伝するそうなので両親や兄弟がお酒に弱い
顔が赤くなりやすい場合は
自分も遺伝している可能性があります。

お酒に「強い」「弱い」は遺伝による生まれつきの体質からくるもの
とゆうことになりますね。

このため両親ともお酒に弱い人は
強くなろうと無理な努力をするよりも
自分の体質を認識し
体質に応じた飲み方を守っていく
とゆうことが大切ではないでしょうか。

飲み会など増える時期ですが
二日酔いにはなりたくないものですよね!!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。