相模原障害者施設殺傷事件は何故起こったのか!?容疑者植松聖の本性…そして犯行経緯は!?

この記事は5分で読めます

スポンサードリンク

7月26日午前2時すぎ
相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」に
刃物を持った男が侵入し入所者などが次々に殺傷された大量殺人事件。
逮捕された男は施設の元職員・植松聖容疑者(26)でした。
この事件で19歳から70歳までの男女合わせて19人が死亡。
いずれもこの施設の入所者を狙った犯行で
植松容疑者は犯行の動機に対し
意思の疎通ができない人たちを刃物で刺した」などと供述。
さらに
障害者がいなくなればいいと思った」という趣旨の供述も…
この事件直前とみられる同日午前2時50分ころには
植松聖容疑者はTwitter上に顔写真の自撮り写真を投稿しており
この男の異常性な行動が見えてきます。

スポンサードリンク

植松容疑者は4年前の平成24年12月
津久井やまゆり園で働き始めました。
今年の2月14日と翌日の15日
東京千代田区にある衆議院議長の公邸に
手紙を渡しに訪れた植松容疑者。
渡した手紙はA4サイズのリポート用紙
複数枚(合計で10枚にもわたるという情報)で
全て手書きで書かれていたといいます。
そのなかには犯行予告ともとれる内容が…

以下、植松容疑者が衆議院議長公邸に渡した
手紙のうち3枚の全文です。

衆議院議長大島理森様(1枚目)
この手紙を手にとって頂き本当にありがとうございます。
私は障害者総勢470名を抹殺することができます。
常軌を逸する発言であることは重々理解しております。しかし、保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為と思い居ても立っても居られずに本日行動に移した次第であります。
理由は世界経済の活性化、本格的な第三次世界大戦を未然に防ぐことができるかもしれないと考えたからです。
障害者は人間としてではなく、動物として生活を過しております。車イスに一生縛られている気の毒な利用者も多く存在し、保護者が絶縁状態にあることも珍しくありません。
私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。
重複障害者に対する命のあり方は未だに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません。
フリーメイソンからなる●●●●が作られた●●●●●●●●を勉強させて頂きました。戦争で未来ある人間が殺されるのはとても悲しく、多くの憎しみを生みますが、障害者を殺すことは不幸を最大まで抑えることができます。
今こそ革命を行い、全人類の為に必要不可欠である辛い決断をする時だと考えます。日本国が大きな第一歩を踏み出すのです。
世界を担う大島理森様のお力で世界をより良い方向に進めて頂けないでしょうか。是非、安倍晋三様のお耳に伝えて頂ければと思います。
私が人類の為にできることを真剣に考えた答えでございます。
衆議院議長大島理森様、どうか愛する日本国、全人類の為にお力添え頂けないでしょうか。何卒よろしくお願い致します。
植松聖の実態
私は大量殺人をしたいという狂気に満ちた発想で今回の作戦を、提案を上げる訳ではありません。全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、実行する決意を持って行動しました。
今までの人生設計では、大学で取得した小学校教諭免許と現在勤務している障害者施設での経験を生かし、特別支援学校の教員を目指していました。それまでは運送業で働きながら●●●●●●が叔父である立派な先生の元で3年間修行させて頂きました。
9月車で事故に遭い目に後遺障害が残り、300万円程頂ける予定です。そのお金で●●●●の株を購入する予定でした。●●●●はフリーメイソンだと考え(●●●●にも記載)今後も更なる発展を信じております。
外見はとても大切なことに気づき、容姿に自信が無い為、美容整形を行います。進化の先にある大きい瞳、小さい顔、宇宙人が代表するイメージ
それらを実現しております。私はUFOを2回見たことがあります。未来人なのかも知れません。
本当は後2つお願いがございます。今回の話とは別件ですが、耳を傾けて頂ければ幸いです。何卒宜しくお願い致します。
医療大麻の導入
精神薬を服用する人は確実に頭がマイナス思考になり、人生に絶望しております。心を壊す毒に頼らずに、地球の奇跡が生んだ大麻の力は必要不可欠だと考えます。何卒宜しくお願い致します。私は信頼できる仲間とカジノの建設、過すことを目的として歩いています。
日本には既に多くの賭事が存在しています。パチンコは人生を蝕みます。街を歩けば違法な賭事も数多くあります。裏の事情が有り、脅されているのかも知れません。それらは皆様の熱意で決行することができます。恐い人達には国が新しいシノギの模索、提供することで協調できればと考えました。日本軍の設立。刺青を認め、簡単な筆記試験にする。
出過ぎた発言をしてしまし、本当に申し訳ありません。今回の革命で日本国が生まれ変わればと考えております。
作戦内容
職員の少ない夜勤に決行致します。
重複障害者が多く在籍している2つの園【津久井やまゆり、●●●●)を標的とします。
見守り職員は結束バンドで身動き、外部との連絡をとれなくします。職員は絶対に傷つけず、速やかに作戦を実行します。
2つの園260名を抹殺した後は自首します。

作戦を実行するに私からはいくつかのご要望がございます。
逮捕後の監禁は最長で2年までとし、その後は自由な人生を送らせて下さい。心神喪失による無罪。
新しい名前(●●●●)、本籍、運転免許証等の生活に必要な書類、美容整形による一般社会への擬態。
金銭的支援5億円。
これらを確約して頂ければと考えております。

ご決断頂ければ、いつでも作戦を実行致します。
日本国と世界平和の為に何卒よろしくお願い致します。
想像を絶する激務の中大変恐縮ではございますが、安倍晋三様にご相談頂けることを切に願っております。

植松聖(うえまつ さとし)

手紙には植松聖容疑者の名前や住所などの
連絡先も記載されていたようです。

その後の2月18日

植松容疑者は施設で勤務中に
重度の障害者は生きていても仕方ない。安楽死させた方がいい
などとほかの職員に話したことから

翌日の19日

施設の担当者が警察に通報し
警察官の立ち会いのもと本人と施設の園長が
この日面接したということです。
その際、植松容疑者はこう話しています。
ことし1月から2月頃にこの考えに気付いた。自分は間違っていない
しかし考えを否定された植松容疑者は
ならば辞める」と言ってその場で退職したようです。
職員に採用された植松容疑者は当初
障害者に対して人権を侵害するような発言はなかったということです。

同じ日の2月19日

市が指定した医師がに診断したところ
入院の必要があると判断され措置入院。

入院翌日の2月20日

植松容疑者の尿から大麻の陽性反応が出たようです。

2日後の22日

再度調べた結果
大麻精神病
妄想性障害」などと診断され入院が継続。

12日後の今年3月2日

他人を傷つけるおそれがなくなった」と診断し
入院からに退院しました。

その4か月後

7月26日未明の午前2時50分ころ
植松聖容疑者はTwitter上に顔写真の自撮り写真を投稿。
事件を起こす直前のものと思われます。
障害者施設殺傷
黒いスーツに白いワイシャツ
赤いネクタイを身に着け
表情はとても固く精神状態が正常ではない様子が伺えます。
また友人の話では…

「事件直前くらいだと思うけど
 Facebookに、世界平和を願うとかなんとかって投稿されていた。
 スーツ姿で自撮り写真を載せてたけど、顔つきが普通じゃない。
 ヤバい感じだった」

同じ写真をFacebookとTwitterの両方に投稿したものとみられています。
施設側では「自己都合にて退職した」とゆう一方で
逮捕された植松聖容疑者は
仕事を辞めさせられた」などと供述もしているといいます。
関係者の話によると刺青がバレたことによって
実質上の「クビ」を言い渡されたとの情報もあるようです。
障害者施設殺傷1

近隣住民や知人の証言

「子供が大好きな人。うちの子供ともよく遊んでもらっていた。
 事件の前日にもうちの子供が(植松容疑者に)会ったみたいだけど
 普通に『久しぶり~』みたいな感じで、変わった様子はなかったみたい。
 明るい好青年だった。逮捕されたと聞いてとても驚いている」
「事件を起こすような子じゃない」
「最近、髪を金髪にしたりして、急に見た目が変わった。
 あんなに明るい好青年だったのにどうしちゃったんだろうって」
「とても明るく、挨拶もしっかりしてくれていた。
 友達も多いようで、家には頻繁に友達が遊びに来ていた」
「高校で同級生でしたが、誰とでも仲良くなれるような明るい性格でした。
 小学校の先生を目指して大学に進学しました」
「楽観的なやつ。事件については信じられない。
 本当に明るいやつで、全然人に危害を加えるようなタイプの人間じゃない」

神奈川県立津久井高校を卒業し
東京都内の帝京大学に進学。
帝京大の友人が大勢おり
大学生活や友人らとの関係性は比較的良好。
20代前半見た目がどんどん派手になり
上半身に大きな和彫りの刺青。
下半身にも刺青を入れており髪も金髪。
小学校の教員を目指していたようですが
刺青が原因でその道には進むことができず
大学卒業後は民間企業の運送業など職を転々としていたよう。
そして2012年12月「津久井やまゆり園」で働き始めます。
2012年12月1日から約3年3ヶ月ほど働き
2016年2月19日付けで
自己都合」という理由での退職(事実上のクビ)。
それから無職の生活を送っていたようです。

1年半ほど前から植松容疑者が通っていた
理容室の男性店長(44)によると
養護学校の教師になりたい」と語っていた植松容疑者。
今年3月に来店した際は
意思疎通ができない重度の障害者の人は生きていてもしょうがない」と突然言い出し
男性が
人を助ける仕事をしたいと言っていたのにいつ変わったの?」と尋ねると
最近です。神からお告げがあった」と語ったという。
園を退職後しばしば知人に
障害者を殺してやる」と口走っていて
注意しても聞き入れず知人は植松容疑者との交流を断ったようです。

この数年間に植松容疑者が変わってしまった理由はなんだったのでしょうか??
この事件で無抵抗な人たちの失われてしまった命が悔やまれます。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。