スノーボード大麻騒動…未成年選手の2人の名前は!?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

未成年のスノーボード強化指定選手2人が
昨年末の米国遠征中に大麻を使用した問題…
大麻を吸引したとされる
スノーボードスロープスタイルの2選手に対し
連盟会員登録、競技者登録の無期限停止
強化指定の取り消しなどの処分を決めました。
2人はいずれも未成年のため
氏名は公表していませんが
誰なのか??かなり気になるところです…

スポンサードリンク

昨年11〜12月にかけて行われた
米国・コロラド州での強化合宿中に参加したパーティーで
見知らぬ外国人に勧められたとして、使用を認めています。

調査チームのヒアリングを拒否。
SAJ幹部との任意の話し合いには応じているものの
大麻の使用は認めていませんでしたが
毛髪鑑定で大麻の成分が検出。

コロラド州の遠征について行った未成年の選手は
角野 友基選手と稲村奎汰選手のこの2人のみ。
名前が出なくても出場しなくなれば
発覚するのは時間の問題です。

スノボ大麻

角野 友基1996年5月18日生まれ
父親の影響で8歳でスノボをはじめ11歳でプロデビュー

2014年X Gamesで初出場ながらビッグエアで2位となり
直後のソチオリンピックに新種目である
スノーボード男子スロープスタイルに出場し
8位入賞した角野選手の記憶はよく覚えています。
処分解除の時期についてはまだわかっていませんが
2018年平昌五輪出場の可能性はどうなんでしょう??

スノボ大麻

稲村奎汰 1997年3月9日生まれ
2013 INDY PARK JAM 優勝白い恋人PARK AIR 優勝
2014 TTR3☆ the 2014 völkl world rookie 優勝
Billabong Attack presented by Xperia 優勝

SAJの古川年正専務理事は
「この問題を真摯に受け止めている。スキー連盟だけではなく
 スポーツ界にいい影響を与えないことは重々承知しており謝罪したい」と話しています。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。