号泣野々村竜太郎元議員のブログがラリってる!?ヤバイと話題に!!

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

有罪判決となった元兵庫県議の・野々村竜太郎被告は
政務活動費約913万円をだまし取ったとして
詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われ
神戸地裁(佐茂剛裁判長)は
懲役3年、執行猶予4年の判決を下しました。
在職中の2014年7月の泣き叫びながら
政務活動費の不正支出を否定した
号泣会見」は世間に衝撃を与えましたが…
なにかと注目を集める野々村竜太郎被告ですが
今度は今回の判決の前に更新したブログがヤバイと
話題になっているようです。

スポンサードリンク

野々村被告は2011〜13年度に受け取った
政務活動費1684万円のうち913万円分について
収支報告書にうその使途を記載したり
クレジットカードの利用明細書を改ざんしたりして
だまし取ったとされています。
判決前に
報道機関各位」として
裁判所出頭等妨害自粛等のお願い」と題した文章を投稿。
この長々と書き綴られた文章に異様さが感じられます。
野々村竜太郎

裁判所出頭等妨害自粛等のお願い

私、野々村竜太郎は被告人という立場でございますので、「裁判を受ける義務を必ず果したいだけ」と自制して参りましたが、マスコミは報道の自由の美名の下、憲法第32条で保障されております私の裁判を受ける権利を妨害しているのでございます!

私、野々村竜太郎に対する接触や撮影、取材等は既に固くお断り申し上げておりますが、念のため、重ねまして、テレビ局やラジオ局、新聞社、通信社、週刊誌や漫画・アニメ等出版社、インターネット新聞・テレビやブログ・ツイッター・フェイスブック等、フリージャーナリスト等全てのマスコミ、報道機関等に関係される皆様に対しまして、コメントや会見は一切致しませんし、自宅や家族宅の生活圏に近付かないのは勿論、皆様と出会わず撮影されず取材強要されず、建造物侵入等自宅や家族宅の訪問やインターホンを鳴らしたりカメラを操作・名刺や手紙等を投函・待ち伏せ、付きまとい、張り込みや監視する行為等、制作者・著作者・著作権者でございます私のブログや写真、映像、YouTube、Facebook等を無断無許可で転載や引用、紹介等する行為、私や家族を記事や放送等で名誉毀損、信用毀損、侮辱、誹謗中傷等全ての人権侵害、「誤報」・迷惑行為・加害行為、公益・知る権利・報道の自由・公平で公正な「事実や真実」を伝える報道のためではなく、憲法第14条の精神を知らず、主に誹謗中傷や名誉毀損等人権侵害を行うことで私や家族を社会的に抹殺することで視聴率・購読数・閲覧数・スポンサー便宜等営利目的や自分達の仕事・報酬のために、資本力や同じ人間の所業ではない常軌を逸した異常な組織的人海戦術に物を言わせた公平で公正な「事実や真実」を隠蔽したりグレン・ホワイトの実験、ディパヤン・ビスワスやルビー・ドラキアの報告結果等の応用を悪用した編集や情報操作等、事件と無関係の事柄や裏付け・検証の行われていない公平で公正な「事実や真実」と異なる報道、私を無断無許可で撮影する全ての行為やその撮影された写真や映像を記事や放送で使用する全ての行為、3時間以上にも及ぶ私の会見映像や無断無許可撮影した映像等を私や家族を社会的に抹殺するためにご都合主義に基づいた編集等を施した上で、名誉毀損・信用毀損・侮辱・誹謗中傷等全ての人権侵害と私が思料したり、事件と直接関係ない記事や放送等での使用、私に取材する等接触や暴行、話し掛けや強要、追い回しや脅迫などの全ての迷惑加害行為、その取材等の際の音声を記事や放送で使用する全ての行為等を固くお断り申し上げ、ご遠慮されますよう、お願い申し上げます。
特に本日、裁判を受ける義務を果たすために、テレビ局やラジオ局、新聞社、通信社、週刊誌や漫画・アニメ等出版社、インターネット新聞・テレビやブログ・ツイッター・フェイスブック等、フリージャーナリスト等全てのマスコミ、報道機関等に関係される皆様が第一回公判では300人以上も押し掛け、自宅や家族宅の生活圏に近付かないのは勿論、何人たりとも皆様と出会わず撮影されず取材強要されず無事に出廷し帰宅するためにも、是非とも何人たりとも皆様が押し掛け出廷や帰宅の妨げをされませんように、テレビ局やラジオ局、新聞社、通信社、週刊誌や漫画・アニメ等出版社、インターネット新聞・テレビやブログ・ツイッター・フェイスブック等、フリージャーナリスト等全てのマスコミ、報道機関等に関係される皆様に対しまして、コメントや会見は一切致しませんし、建造物侵入等自宅や家族宅の訪問やインターホンを鳴らしたりカメラを操作・名刺や手紙等を投函・待ち伏せ、付きまとい、張り込みや監視する行為等、制作者・著作者・著作権者でございます私のブログや写真、映像、YouTube、Facebook等を無断無許可で転載や引用、紹介等する行為、私や家族を記事や放送等で名誉毀損・信用毀損・侮辱・誹謗中傷等全ての人権侵害や「誤報」・迷惑行為・加害行為、公益・知る権利・報道の自由・公平で公正な「事実や真実」を伝える報道のためでもなく憲法第14条の精神も知らず、主に誹謗中傷や名誉毀損等人権侵害を行うことで出廷前に私や家族を社会的に抹殺することで視聴率・購読数・閲覧数・スポンサー便宜等営利目的や自分達の仕事・報酬のために、資本力や同じ人間の所業ではない常軌を逸した異常な組織的人海戦術に物を言わせることで公平で公正な「事実や真実」を隠蔽したりグレン・ホワイトの実験、ディパヤン・ビスワスやルビー・ドラキアの報告結果等の応用を悪用した編集や情報操作等、事件と無関係の事柄や、裏付け・検証の行われていない公平で公正な「事実や真実」と異なる報道、私を無断無許可で撮影する全ての行為やその撮影された写真や映像を記事や放送で使用する全ての行為、3時間以上にも及ぶ私の会見映像や無断無許可撮影した映像等を私や家族を社会的に抹殺するためにご都合主義に基づいた編集等を施した上で、名誉毀損・信用毀損・侮辱・誹謗中傷等全ての人権侵害と私が思料したり、事件と直接関係ない記事や放送等での使用、私に取材強要する等接触や暴行、話し掛けや強要、追い回しや脅迫などの全ての迷惑加害行為、その取材等の際の音声を記事や放送で使用する全ての行為等を固くお断り申し上げ、ご遠慮されますよう、お願い申し上げます。
また、法治国家である日本において、社会通念上適切な報道取材活動等か招いた責任等を裁判等を通じて明らかにさせて頂きますと共に、私に対する無断無許可撮影や取材の強要、侮辱罪等に思料される言動等迷惑行為や加害行為等が行われると私が判断した場合には直ちに、警官等への説明や告訴状・被害届の提出、訴訟提起の証拠等にするため、カメラ等による映像撮影等を行いますと共に、110番通報致しまして、状況によりましては、正当防衛や緊急避難、刑事訴訟法第213条に基づく対応等を行う可能性がございます。
念のため、何故、公益・知る権利・報道の自由・公平で公正な「事実や真実」を伝える報道のために、兵庫県政記者クラブに配付したという平成26年10月10日に、兵庫県議会政務活動費あり方検討会が取り纏めた「政務活動費等の点検結果について」に記載された6会派27名に対して個別に、私のような対応をされないのですか?
その中には、「公開の議場における陳謝」内容を含む議長あてに提出のあった要望書を受けた者がございます。
なお、神戸地検は告発状を受理しませんので、憲法第14条に基づき、必ず受理させます。端緒はありますから、捜査に着手して当然と思います。

全2700文字中に句読点は5つだけという文章。

あの号泣会見から約2年。
野々村竜太郎1
去年11月、初公判を欠席。
野々村竜太郎2
身柄を拘束され強制出廷させられたやり直しの初公判では
収支報告書に虚偽の記載はしていない」と起訴内容を否認し
記憶にありません」と100回ほど発言。
野々村竜太郎4
さらにその後の公判でも
記憶がありません」と繰り返す事態。
野々村竜太郎5
ラリッたと思われるブログの更新。
懲役3年、執行猶予4年の判決で野々村劇場は
ようやく終幕を遂げたようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。