北海道置き去り事件は謎だらけの事件だった!?不穏な噂も!?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

北海道七飯町の山林で
5月28日に行方不明になり
6日ぶりに保護された
北海道北斗市の小学2年田野岡大和君(7)の
父親貴之さん(44)が5日取材に応じ
大和君が順調に回復していると述べました。
大和君は保護された約5キロ北東の
陸上自衛隊演習場に28日中に着いたが
どこを歩いたかは「あまり覚えていない」と
話したということですが…
施設では電気や暖房も使えず
内部は日中も薄暗いままで
大和君は水道の水だけ飲んで
寒さと空腹に耐えていたとみられています。
大和君が無事に発見され安堵はしましたが
それと同時に当初探索していた
北海道・南渡島消防本部に
きちんと捜さなかったのか」という
抗議の電話も殺到しており
さらには不穏な噂も流れているようです。

スポンサードリンク

大和君が行方不明になった翌朝の29日
最低気温が7度まで冷え込んみ
その後も最低気温は10度前後となるなど
冷え込みが続いていました。
最悪な状況下で誰もが大和君の生存は
諦めていたはず…
しかし発見時の大和君の状況は
・7日間絶食状態なのに立っていた
・衰弱状態なのにおにぎりを食べ始めた
・5月30日の探索時はいなかったのに28日からいた(本人談)

実は母親がグルではないか!?と不穏な噂が…

母親は今回の『大和くん山林に置き去り事件』の主犯じゃないかしら?
従犯が父親?だから顔出ししないのよ。
謝罪はいいから美談にして終わりじゃなく
捜索費用の一部負担とかするべきね
母親といたんだろうな…
子供を置き去りにする父親に恐怖を感じてさ。

昨日まで母親といて
自衛隊が撤退するタイミングで小屋につれてったんだよ
日頃から夫の子育て法が気にいらなかった妻は…
子供をお仕置きで置き去りにしてきた夫はあわてて徒歩で探しにいった。
妻はその間に車で子供を迎えに行き
友人宅に預けてきた。
最初は焦る夫にお灸据えるくらいの気持ちが
話が大きくなってきて打ち明けづらくなる。

母親が、ついに警察関係者にこっそり告白。
警察関係者も最初の詰めの甘さを非難されたくない。
傷を最小限にするシナリオを作る。
自衛隊にも協力依頼。
子供をそっと、自衛隊演習場に。
一人でずっといたと言うように教え込む。

行方不明になってから保護されるまで
大和君は誰にも会わず
何も食べていませんでした。
どういう風に(演習場に)行ったかはあまり覚えていない。
 小屋にいて、水を飲んだりマットで寝たりした
」と話し
演習場で一人で過ごしたことについて
さみしかったけど、大丈夫だった」と
言っていたそうです。
3日に再会した父親の貴之さんが病室で謝ると
大和君は
許すよ。お父さんが優しいから許す」と話し
貴之さんは
申し訳ない気持ちになった」と
声をつまらせていました。
置き去り事件6
父親の貴之さんは
山の中に子どもを置き去りにしたことについて

「愛情込めて育ててきましたし
 今回、このようなことになるとは思っていませんでした。
 息子のことを思ってしたんですが
 行き過ぎだったと深く反省しています」

色々と憶測が飛び交っているようですが
今回の事件で
一番のお仕置きをくらったのは
お父さんかもしれませんね…

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。