北海道置き去り事件…男児が見つかった!?一体どこで!?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

北海道七飯町の山林で5月28日
両親が「しつけ」として小学2年の田野岡大和君を
置き去りにしたと話している事件で
6月3日朝に
鹿部町で大和君とみられる男児が
6日ぶりに見つかり保護されたようです。

スポンサードリンク

北海道警によると
大和君は3日午前7時50分ごろ
鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で
保護されたとゆうことですが
衰弱した様子もあり
函館市内の病院に搬送されました。
目立った外傷はなく
自ら名前を名乗ったという。
入院先の函館病院では
主治医が記者会見で大和君の健康状態について説明し
約1週間水だけを飲んで暮らしていたため
軽い低栄養状態などがあるが
命に別状はないとのことです。

大和君が見つかった場所は
不明現場の林道から約5キロ離れた演習場内で
陸自隊員が雨宿りに使う小屋でした。
不明になってからの詳しい足取りを調べているとゆうことですが
大和君の話によれば
一人で山の中を歩いて、28日夜から演習場にいた。
 水を飲んで過ごした

と話しているようです。

最大約200人の態勢で現場周辺の捜索を続けていましたが
一向に手掛かりが見つからず
捜索本部は2日夜に解散し
規模の縮小を決めたばかりだったこの事件ですが

自衛隊員の宿泊施設の中で
隊員が男児を発見。
やまとくん?」と声をかけると
そうです」と答えたという。

大和君が無事だったことが何よりです。
大和君は午前9時半ごろに
両親と対面し笑顔も見られたということで
最悪な事態にならず
本当に良かったと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。