北海道置き去り事件…男児は一体どこへ!?真実の行方は!?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

大和くんは一体どこにいるのか??
28日、両親と姉の一家4人で
鹿部町の公園で川遊びをし
公園内で人や車に石を投げた…
そのため車で帰宅途中の午後5時ごろ
七飯町の未舗装の林道にしつけとして
置き去りにされた大和君。
約5分後に父親が現場に戻った時には
すでに姿は消えていたといいます。
北海道警と消防は連日捜索を行っていますが
大和君は未だに見つかっておりません。
ここまで探しても姿も形も見当たらないとなると
大和君は置き去りにされた状況が本当にあったのかどうか
すら疑わしくも感じてしまいます。

スポンサードリンク

この騒動は28日午後6時ころ
大和くんの家族から
七飯町の駒ヶ岳のふもとの山林で山菜採りをしていたら
 子供とはぐれて行方がわからなくなった
」などと
110番通報があり発覚しました。
しかし不審な点があったことなどから警察が問い詰めると
父親の田野岡貴之さん(44)が
子供をしつけとして置き去りにした。
 車で500mほど離れて数分後に戻ったら
 いなくなっていた
」などと話し
嘘の証言をしていたことがわかりました。
両親は当初、函館中央署に対し
大和君と山菜採りに28日午後4時ごろ出掛け
約1時間後に父親とはぐれたと説明していましたが
後に「しつけのために置き去りにした」と説明を翻しています。
山菜採り中にはぐれたと嘘の説明したことに対しては…

「捜索願いを出すのに、しつけで置き去りにしたとは言えなかった。
 普段から虐待をしていると疑われると思い、世間体を気にしてしまった」
「しつけのために、ちょっと怖い思いをさせようと思っただけ」
「無事に戻ってきてほしい」

父親は
「世間体を気にした」
「申し訳ない気持ちでいっぱい」

置き去りにした理由

「鹿部町の公園を訪れていたら
 子どもが人や車に石を投げつけるなどしたため
 『悪さをするとこうなる』ということを
 わからせるために山林で車から降ろした」
「父親としての威厳を示さなければと感じた」

当初の大和くんの行方不明当時の服装
白色と緑色のストライプのTシャツ・紺色のジーパン・サンダル
後の服装の情報
胸元にアルファベットの刺繍が入った黒色の服・紺色のジャージ・赤い運動靴
この違いにも疑問の声が…

「なぜ服装まで嘘をついたんだ?」
「ジャージとジーンズを間違えるかな?」

これには川遊びをしていたとゆうことで
着替えるなどして行方不明になった際に
服装が変わったという可能性もあります。

行方不明になったとされる28日に両親が撮影した写真
置き去り事件
しつけをした理由は
人や車に石を投げつけたとゆうことですが
遊んでいた現場では他の人もいたとゆうことになりますよね。
この家族を見ている人がもちろん
いるとゆうことになりますし
ましてや子供に石を投げつけられでもしたら
記憶に残るものでは…と思いますが
その帰り道とゆうことですので
5分間の間でも
誰かが通るはずではないでしょうかね??
大和君の目撃情報はないのでしょうか…

ヒグマの出没や夜間の寒さが心配されるなか
一刻も早く大和君が無事に見つかることを
願うしかありません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。