GACKTの下半身はとんでもないことになっている!?チン影申し訳ない…

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2月2日発売の「週刊文春」でGACKTさんの元愛人が
自殺未遂したということが報じられました。
文春によるとGACKTさんは元グラビアアイドルのA子さんと
3年に及ぶ愛人関係を結んでいたほか
彼女以外にもキャバ嬢やアイドルなど複数の女性たちを
自身の「喜び組」として“支配”していたということです。
そしてこの報道をみてGACKTさんは相当腹が立った事を
自身のブログで伝えています。

うわぁ〜、悪意ある〜〜!!

アナタたちの恋愛にボク関係ないじゃん?
ボクがアナタたちに何かしましたか???

なんか腹たつなぁ。

ボク、独身でつ・・・。
さらによく見ると愛人の上に小さい字で[元]って書かれてあるし。

確かにめちゃくちゃ小さく書かれた[元]って??
GACKTさんが起こるのもわかる気がします。
そんなGACKTさんのブログやインスタグラムを拝見してみると
もの凄い物を発見してしまいました。
そしてGACKTさんには驚くべき“下半身”事情があるということなので
見てみたいと思います。

スポンサードリンク

GACKT

別名  神威楽斗
本名  岡部学(おかべさとる)→大城学(おおしろさとる、両親の離婚で姓が変わっている)
生誕  1973年7月4日
出身地 沖縄県

GACKTさんといえば一般人離れしたミステリアスな雰囲気ですが
見えない部分は「トンデモないことになっている」という情報が…
下半身というか男性器そのものを“改造”しまくっているという
説があるようなんです。
そんなとんでもないGACKTさんの下半身事情が伝えられていました。

「まず、男性器の大きさが“巨根”なんてレベルではなく
 手術しなければ絶対にあり得ない太さ、長さに作り上げられていると聞きました。
 女性のふくらはぎレベルの、明らかに異常なサイズですが
 本人は気に入っているようで……。
 昨年10月に、GACKTがインスタグラムで公開したバスタオル姿の自撮り写真も
 股間部分が不自然なほどクッキリ浮かび上がっていました。
 GACKTは『チン影申し訳ない』とコメントを載せていましたが
 見せびらかしたかったのでしょう」
[サイゾーウーマン]

そのGACKTさんのインスタグラムがこちらです。

おはよー、元気かぁ?
トレーニングの後でシャワーを浴びたあとだ。
暑い!今日は暑い。
スッピン、チン影申し訳ない。
さて、出かける準備するかぁ!

確かに…チン影ハンパないですね!!
GACKTさんのこだわりはサイズだけではなく
そのフォルムも男性器らしからぬ形状に改造されているんだとか…

「陰茎の皮膚の下にシリコンボールを埋め込んでいるんです。
 しかも、グルグルと螺旋状に“装備”しているので
 かなり異様な見た目に仕上がっているそう。
 もはや性器ではなく凶器といえそうですが
 その一方で“ハリボテ感”が際立つみたいです。
 結局は作り物なので、勃起してもあまり硬くならないそうです」
[サイゾーウーマン]


シリコンボールには様々な形状や大きさがあり
個数や挿入位置などもいろいろなバリエーションがあるそうですが
GACKTさんのモノは一体…
インスタグラムからは目が離せないかもしれません^^;

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。