EXILE・AKIRAが大根役者と言われながらもハリウッドデビュー!?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

EXILE兼EXILE THE SECONDのAKIRAさんが
なんとハリウッドデビューするそうです。
しかしこれは何とも不可解だと言われているそうで…。
なぜならAKIRAさんは音楽活動の傍ら
これまで多くのドラマに出演してきていますが
その演技力についてはあまり評判が良くないからなんですが…
そうは言われていてもハリウッドデビューとゆうことで
どうなっているのでしょうか??
さらにプロが指摘した大根役者3名の中に
AKIRAさんの名前がランキングしてしまう程ですから^^;
そして現場で生の演技を見ている関係者が
ガチでAKIRAさんを大根役者と指摘していて
ハリウッドデビューには疑問が感じられています。

スポンサードリンク

AKIRA

本名 黒澤 良平
生年月日 1981年8月23日
出生地 静岡県磐田市
身長 184cm
血液型 A型
職業 ダンサー、俳優
ジャンル 舞台、テレビドラマ、映画

問題のハリウッドデビュー作は

映画 『沈黙‐サイレンス‐』(2017年1月21日公開)
監督 マーティン・スコセッシ監督
原作 遠藤周作小説『沈黙

すでに日本人キャストとして窪塚洋介さん、浅野忠信さん
小松菜奈さんなどの出演が発表されています。
実力派の面々とともに今回選ばれているAKIRAさんは
現段階では役柄はまだ決まっていないよう…

以前からAKIRAさんはアメリカ進出を熱望していて
インタビューではこんなことも…

「ハリウッド作品に抜擢されるなら、スキンヘッドでも何でもやる」

しかしそんな彼には大根役者の代名詞が…

AKIRAさんの代表作といえば
人気コミックが原作の『GTO』シリーズ(フジテレビ系)です。

この時AKIRAさんの“棒演技”が話題になったものの
ストーリーや設定が比較的原作を踏襲していたこともあって
全話平均視聴率が13.2%とそこそこの数字を記録。
しかしながら第2シリーズは7.2%と惨憺たる結果に。
その後出演した月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』は
最終話の視聴率が8.1%と
当時の月9枠の最低視聴率を記録してしまいました。

そして“低視聴率男”と“大爆死王”のレッテルをはったのが
昨年放送された出演ドラマ『HEAT』でした。

放送前から映画化が決定するなど
鳴り物入りでスタートしたものの歴史的な低視聴率を記録しています。
なんと第6話では視聴率が2.8%という
信じがたい低視聴率を叩き出して話題になり
全話を通じても4.1%と恐ろしい記録的大爆死でした。
もちろん映画化も中止になっています。
そして『ゴリ押し』『フジによるEXILE接待』などと
批判されている始末ですが…

今回のハリウッドデビューも“国際的なゴリ押し”なのでしょうか??
演技力に疑問符がつけられている俳優に選ばれているAKIRAさん。
なぜハリウッドに選ばれたのでしょう??
疑問ですね…
現場で生の演技を見ている関係者に
リアルなガチで大根役者は誰なのかを聞いたところ
ドラマ制作会社プロデューサーは

「EXILEのAKIRAさんです。
 彼が大根役者だということは世間的にも認知されていますが
 あれでも必死に何テイクも撮り直した結果です。
 それでもあのレベルなので、学芸会といわれても仕方ないですよね。
 でも、本人には同情する部分もあります。
 本人は役者仕事にそこまで前のめりになっているわけじゃないんです。
 事務所の方針で仕事を決められ、本人もつらいのではないでしょうか」

学芸会とは…ちょっと気の毒な気もしますね。
ちなみにその他で大根役者に選ばれているのは
反町隆史さんと東出昌大さんのようです。
現場の関係者から見れば大根らしいとのこと…

まぁAKIRAさんにはハリウッドに選ばれた以上
才能を発揮するような素敵な演技を見せてもらいたいものです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。