高畑裕太の事件に関する怪文書が出回る!?やはりハニートラップか!?真相は一体!?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

刑事処分上は決着してもなお後味の悪さを残している
強姦致傷容疑で逮捕されるも不起訴となった
俳優・高畑裕太さんの事件ですが
逮捕時では「女性を見て性欲を抑えきれなかった」と
容疑を全面的に認めていた高畑さん。
起訴は避けられないとみられていましたが
フタを開けてみれば示談が成立。
釈放後には弁護士から“ハメられた”と言わんばかりの
内容のコメントが発表されました。
そして被害女性への示談金は「300万円程度」とみられていますが
なんとこの他にも慰謝料名目で約8000万円が支払われていたという
情報もあるようです。
そして高畑裕太さんの事件に関する怪文書のようなものが
Twitterで出回っているようです。
その内容を見てみるとまさに驚き!?
これが事実かどうなのかは今のところわかりませんが
その驚きの内容の怪文書を見てみることにしましょう。

スポンサードリンク

怪文書によれば
高畑裕太さんと被害者女性は元々知り合いで
以前からカラダの関係にあったとのことです。
ただ真剣に交際しているわけでなく
被害者女性にも彼氏が居たこと
そして仕事中だったことから
歯ブラシを持っていくという口実で
あの日もずっと部屋にいたという高畑さん。
被害者女性の年齢は49歳で
ほかのスタッフも2人の関係を知っていたらしい。
被害者女性の彼氏は暴力的な韓国人で
その日運悪く浮気が発覚し彼氏に脅され
ゴウカンされたと被害者女性が嘘をついたという。
周りの女性は無実だと知っており
起訴出来なかったのもこれが理由とのこと。
その女性は49歳で示談金は3000万円。
高畑裕太さんはその女性に裏切られたと
ショックを受けているという。

これが事実であればとんでもない内容ですが…
示談が成立した際の高畑さんの弁護士が書面で発表したのは

「高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く
 少なくとも、逮捕時報道にあるような
 『部屋に歯ブラシを持ってきて』と呼びつけていきなり引きずり込んだ
 などという事実はなかったと考えております」

高畑さん側の見解は
女性従業員にも落ち度があったと言わんばかりのものでした。
このことは一体何を意味するのでしょう??

さらに事件当日は火災報知機の誤作動などもあったようなんですが??
当日午前3時と明け方5時前
火災報知器が2回“誤作動”で館内に鳴り響いていたようです。
宿泊客によると
警報は誤作動によるものでした」というお知らせが
各部屋に挟まれたということです。
事件の時系列と照らし合わせると
高畑さんが女性に暴行したとする時間が
午前2 : 00 ~ 2 : 24
歯ブラシを持ってきた40歳代の女性
従業員の手を強引に引っ張り
部屋に無理やり連れ込んで犯行に及ぶ。
午前3 : 30頃
被害者女性の知人男性が警察へ
通報しています。
知人男性の証言では
知人の女性がホテルの部屋に連れ込まれ
 ベッドに押し倒され乱暴された。
 犯人はタレントの高畑裕太だ

午前3 : 40頃
警察が現場に到着。
高畑裕太さんは寝室で寝ていたため
起こして任意同行させて前橋警察署にて事情聴取を行った。

時間を照らし合わせてみると
火災報知器が鳴ったのは事件の後から
高畑さんが眠りについている時
もしくは逮捕時かその後だったのでしょうか…
それにしても火災報知機の誤作動が二回もあるということは
ただの偶然なのでしょうか…疑問が残ります。

何かスッキリしないこの事件ですが
真相は高畑さんと被害者女性しかわかりません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。