福山雅治…『ラヴソング』視聴率低迷でギャラも半分に!?濡れ場も解禁か!?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

昨年9月に結婚した俳優の福山雅治さんが主演する
フジテレビ系の“月9”ドラマ「ラヴソング」が
あり得ない低視聴率を叩き出しています。
4月11日放送の初回平均視聴率こそ10・6%でしたが
18日の第2話が9・1%
25日の第3話が9・4%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と
2話続けて1桁台に陥落してしまう事態に…
初回に続き第2話の視聴率を知らされた福山雅治さんは
ウソだろう。何かの間違いじゃないの?
とつぶやくとそのまま楽屋に引きこもってしまったといいますが
放送スタートから間もないのに同局編成部は
打ち切りに備えた極秘プランを策案中とのことですが
一体どおなってしまうのでしょうか??

スポンサードリンク

芸能事情通によると

「このままだと、全話平均9.7%の月9史上ワースト視聴率を記録した
 有村架純&高良健吾主演の
 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(’16年1月期)を
 下回る可能性が高いんです。
 そうなれば、福山ブランドもジ・エンドですね」

実際に有村さん&高良さんは危機的状態の様です。
同じく芸能事情通は 

「現在、有村も高良もテレビに露出しているように見えますが
 すべて映画絡みの番宣。映画はドラマよりも先撮りするので
 あくまでも錯覚に過ぎないんです。
 有村は6月に公開予定の映画『夏美のホタル』を最後に
 スケジュールは白紙状態。
 また、高良も7月に公開予定の映画『シン・ゴジラ』を最後に
 主演オファーはないといいます」

いかに天下の福山さんといえども
人気低迷が白日の下に晒された後
待っているのは開店休業地獄だといいます。
今回、月9ドラマの低視聴率に伴い
急落しているのが福山さんの潜在視聴率のようで
最盛期12%以上もあったのが
今や4.6%まで落ちてしまったよう。

2013年11月 連ドラのギャラ&潜在視聴率(FLASH)
*1位:堺  雅人 13.2%  (300万円)
*2位:福山 雅治 12.9%  (300万円)
*3位:水谷 豊  12.5%  (400万円)
*4位:香川 照之 12.3%  (250万円)
*5位:片岡愛之助 12.0%  (160万円)
*6位:西島 秀俊 11.8%  (200万円)
*7位:役所 広司 11.6%  (400万円)
*8位:渡辺 謙  11.2%  (500万円)
*9位:木村 拓哉 10.9%  (500万円)
10位:佐藤 浩市 10.7%  (300万円)
11位:松本 潤  10.3%  (300万円)
12位:及川 光博 10.0%  (200万円)
13位:織田 裕二 *9.8%  (300万円)
14位:綾野 剛  *9.6%  (150万円)
15位:岡田 将生 *9.2%  (130万円)
16位:溝端 淳平 *9.0%  (150万円)
17位:向井 理  *8.8%  (200万円)
18位:斎藤 工  *8.6%  (140万円)
19位:松坂 桃李 *8.3%  (150万円)
20位:阿部 寛  *8.1%  (200万円)
()内は連ドラ1話あたりの推定ギャラ

現在、連ドラ1本当たり300万円~
CMが5000万円~といわれる高額タレントの福山さんですが…。
広告代理店関係者によると

「月9でワーストを記録すれば
 この強気の金額では主演のオファーはまず来ない。
 半額の150万円あたりから交渉しないと厳しいでしょう。
 連ドラで一度コケてしまうと、不思議と次も大抵コケるんです。
 テレビと連動しているCM出演料も当然、影響してきます。
 好感度や人気低迷の福山を起用する意味がなくなる」

数字が取れない福山さんを
あえてリスクを犯しキャスティングする
テレビ局や映画配給会社のプロデューサーは
いなくなるとゆうことですね。

今後は出演中のCMも契約更改が
危うくなるそうなんです。

こんな状態の今
福山さんはかなりの苛立ちを見せているようで…
芸能関係者によると

「温厚な福山が終始苛立っています。
 スタッフも上から怒られ、芸能プロから突き上げを食っている。
 こんな状態で視聴率が上向くドラマを撮ることなど、まず無理ですね」

さすがの福山さんでも冷静ではいられないようですね…
フジテレビとしては福山さんが主演した
ガリレオ』シリーズの高視聴率を想定していたようですが
高視聴率どころか打ち切りの危機まで…
誰もが予想しない結果となっていますが
今後どうなるのでしょうか…
そんな中
福山さんは俳優としてこれまで封印していた
濡れ場をあえて解禁するとゆう話が出ているようです。
今秋公開の映画「SCOOP!」で福山さんの大胆濡れ場が
披露されるということですが…
事情通によると

「実は『ラヴソング』でも小泉麻耶との
 濃厚ラブシーンが収録されていたんです。
 でもオンエアの段階になって福山サイドから物言いがついてしまった。
 結局、小鳥のキスシーンに毛が生えたようなベッドシーンになったわけです。
 あんな子供だましじゃ誰も見ない。
 今後は放送コードギリギリの濡れ場に挑むことになりそうだ」

今秋公開の映画「SCOOP!」では
二階堂ふみさんとの過激濡れ場が撮影済みのようで
どこの部分まで公開するかを巡り
事務所と協議している段階のようです。
ラヴソング』がコケたことで
映画もコケるわけにはいかない福山さんなだけに
ドラマ以上のベッドシーンが公開されるとの予測。
何でも座位やバックなどの絡みもあり
R−15指定になるとの噂もあるようですが
過激濡れ場で“福山神話”復活となるのでしょうか??

それにしても福山さんからすると
結婚の幸せの絶頂から
どん底に突き落とされてしまった気分ですよね…
撮影現場では『ハニ~』と歌う程
浮かれていたようですが…
女性の人気が高かっただけに
仕方がないのかもしれませんね。
吹石一恵さんの結婚で
運を使い果たしてしまったのかもしれませんね…

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。