福山雅治月9ドラマ『ラヴソング』…気持ち悪い!?厳しい意見も…

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

福山雅治さんが主演する
月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)の
主要キャストですが
2013年4月期の『ガリレオ』第2シリーズ以来
3年ぶりの福山さんの連ドラ主演とあって
ヒロインには“大物”の起用が期待されましたが
無名のシンガーソングライター・藤原さくらさんが
まさかの大抜擢を受けており
ドラマファンを落胆させる人選となったようです。

スポンサードリンク

テレビ関係者によると

当初は、『ガリレオ』(フジテレビ系)で組んだ
柴咲コウ吉高由里子
ほかにも石原さとみの名前が挙がっていました。
ところが結婚後の福山の人気急落を察知してか
いずれも出演を断ってきた。
それで、オーディションという体で
急遽、藤原が抜擢されたようです。
同じ事務所の吉高にすら断られるなんて
以前なら、とても考えられなかったことですよ。
福山本人もこれ以上
女性ファンを減らしたくないと焦っているようで
ラブシーンはやらない』と言い出しています。
月9ドラマ初の
キスシーンすらない恋愛ドラマになりそうです。

藤原さんは福岡県出身で
高校在学中から地元でライブ活動を始め
高校卒業とともに上京し
14年3月にインディーズでデビュー。
15年3月ミニアルバム『a la carte』(ビクターエンタテインメント)で
メジャーデビューを果たしました。
2月17日には初のフルアルバム『good morning』(同)を
リリースしたばかり。
ストーリー上歌を歌うシーンがあるため
アーティストである藤原さんに
白羽の矢が立ったともみられていますが
無名かつ演技経験ゼロのいわば素人でもあることで
NHK朝ドラのヒロインオーディションではあるまいし
いったい何が起きてしまったのでしょうか??

芸能関係者

確かに、役柄からして
歌唱力”は重要な要素となったようです。
ただ、福山と藤原は同じ事務所(アミューズ)の所属。
事務所側が福山の起用をOKする代わりに
 バーターとして出されたのが藤原
』との説もあります。
しかも藤原はメジャーでは初となる
フルアルバムを出したばかりで
タイミングが良すぎです。
真偽のほどは定かではありませんが
なにやらフジとアミューズの
裏取引”のにおいがプンプンしてきます。

一部芸能事務所関係者からは
「結局バーターか」と怒りの声が…

ラヴソング』は福山さん演じる
元ミュージシャン・神代広平が
障害を持つヒロイン(藤原)と出会い
心を通わせながら人生を取り戻していくというストーリー。
その藤原さんは福山さんの所属事務所である
アミューズの新人とあって
肝心のヒロインが“バーター”であることに
関係各所から不満の声が上がっているようです。

芸能事務所関係者は

藤原は福岡出身のシンガーソングライターで
昨年3月にメジャーデビュー。
高校在学中からインディーズでCDをリリースしているものの
まだ20歳になったばかりで芸歴も無に等しい。
今回の“フジ月9”枠に関しては
福山が主演するということだけは
かなり前から決定しており
ヒロイン役のオーディションも長期間行われていました。
20歳前後の歌が歌える女性ということで
大勢の有名女優がこの役に手を挙げたのですが
結果的に選出されたのは藤原でした。

大手事務所所属の若手が
オーディションを受けていたものの
フジは“バーター出演”を決定

プロデューサーをはじめ

制作陣に愚痴をこぼす事務所関係者も
多かったと聞きます。
藤原はギターの弾き語りができ
さらに福山本人も彼女を推薦したと
釈明していたものの
年が明けてから公開された台本を見ると
ヒロイン役の名前は藤原と同名の『さくら』。
もはやアミューズのプロモーションドラマと
いわれてもおかしくない配役だけに
苦情が殺到するのは当然でしょう。

オーディションは最初から
出来レースだった…

ドラマでは福山さんと藤原さんが
音楽を通し心を通わせるとゆう
今までにない感動の
ヒューマン&ラブストーリーだといいますが
親子にも見える2人の年齢差に関しては
女性からは
気持ち悪い!
実年齢で27歳差の恋愛って」と
厳しい意見が殺到しているようです。

視聴率低下が著しいフジ月9ですが
今回のキャスティングと肝心の視聴率…
結果が気になりますね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。