清水富美加のゲス元不倫相手のロックバンドはカナブーンの飯田祐馬だった!!自ら自爆…

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

幸福の科学」に出家した清水富美加さんが
告白本「全部、言っちゃうね。」が幸福の科学出版から発売され
その中で明かされた「悩みの種だった好きな人も忘れました」という一文。
悩みの種となったのは相手が既婚者であったため
清水さんは不倫で悩んでいたようです。
そんなゲス不倫の相手は人気ロックバンドのメンバーだと報じられており
既に昨年に破局していたとはいえ
元交際相手が誰なのかと憶測を呼んでいました。
そんな中「KANA-BOON(カナブーン)」の飯田祐馬さんが
清水さんの不倫相手だったことを自ら認めました。
これに対し飯田さんの所属事務所は
今後の活動などに関しては協議中」とし
近く対応を発表する見通しだということです。
そんな清水さんと飯田さんのゲス不倫の経緯について
見てみたいと思います。

スポンサードリンク

飯田祐馬

本名:飯田祐馬(いいだゆうま)
芸名:飯田祐馬(めしだゆうま)
生誕:1990年6月27日
出身地:大阪府
担当楽器:ベース、コーラス
活動期間 :2009年 –
身長:165cm
体重:53kg

KANA-BOONは大阪出身の4人組ロックバンドです。

メンバー

谷口鮪(ボーカル・ギター)
古賀隼斗(ギター・コーラス)
飯田祐馬(ベース・コーラス)
小泉貴裕(ドラムス)

KANA-BOONは高校時代の部活内で
ボーカルの谷口さんを中心に2006年に結成。
しかし飯田さんだけが途中加入です。
飯田さんは初代のベース担当が脱退した際
KANA-BOONのメンバーとなっています。

清水さんと飯田さんが出会ったのは
2014年の番組で共演したことがきっかけで
清水さんがロック好きだったこともあって意気投合し交際に発展。
清水さんは飯島さんの影響を受け
ギターの練習にも励んでいたようです。

2015年1月にはこんなツイートも…

「ギター買ったの。もうおまえしかいない、って感じなのです。」

しかし順調だった交際は突然として暗転となります。
実は飯田さんは既婚者だということが判明し
清水さんはかなり悩んでいたとのこと…
清水さんは別れようとしましたが
好きになった思いは簡単には断ち切れず悩んでいたようです。

昨年はタレントのベッキーさんと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの
ゲス不倫”が話題となりましたが
これも当初は川谷さんが既婚者であることを隠したまま交際がスタート。
清水さんも同じ状況となり
しかも休業したベッキさんーと入れ替わるように
2016年4月からフジテレビ系「にじいろジーン」の司会に就任しています。

そして同じくゲス不倫相手はマシュマロカット…

清水さんと飯田さんは去年別れていたようですが
司会を始めた時に交際が続いていたとしたら
清水さんは精神的にもつらかったはずだと関係者は語っています。

今回の清水さんの突然の出家に対して
飯田さんは責任を感じているとのことですが
飯田さんの所属事務所はこう説明しています。

「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。
 どんな処分でも受けると言ってます。
 今回の件については奥さんとも十分に話し合い
 2人の間でも解決したとは聞いています」

これに対しKANA-BOONのファンはショックを隠せず…
インターネット上では
ショックすぎて」「まさか」などと衝撃を受けてる様子です。
そして活動休止だけは避けてほしいと心配されています。
今後の活動がどうなってしまうのか気になりますが
それにしても何かとゲス不倫は話題となり
その勢いはなかなか止まらないようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。