清水富美加がレプロを辞め宗教家・千眼美子(せんげんよしこ)に…といっても芸能活動の再開を視野に入れ教団の大スターに!?

この記事は5分で読めます

スポンサードリンク

女優の清水富美加さんが芸能界を引退すると発表がありましたが
その理由は宗教団体(幸福の科学)に出家するとのことです。
しかし清水さんは最近では映画やドラマにバラエティーなど
活躍が目立っており今後も多数の仕事が詰まっていました。
それを辞めてまで彼女が芸能界引退を宣言した理由とは!?
芸能界を引退してしまうのはもったいない気がしますが。
そんな仕事を残したまま清水さんが選んだ道は
幸福の科学という宗教団体なんですが…
一体どんな宗教団体なのでしょうか??
しかし幸福の科学側は清水さんの
芸能活動引退を否定しているようですが
一体どうゆう事なのでしょう…

スポンサードリンク

清水富美加

生年月日 1994年12月2日
出生地 東京都
身長 162 cm
血液型 A型
職業 女優、ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ・映画
活動期間 2008年 –  
事務所 レプロエンタテインメント

清水さんはNHK連続テレビ小説「まれ」で
主人公の同級生で親友の蔵本一子役を演じ
その注目を一気に集めました。

その後も連ドラのヒロインに抜擢されるなど
注目の女優として活躍しており
多忙な日々を送っていたと思われます。

そんな彼女が突然仕事現場から姿を消した…
最後に出演したのは
2月4日のレギュラー番組「にじいろジーン」でした。
その後、所属事務所は清水さんと連絡が取れず…

さらに翌週の2月11日のにじいろには
もちろん清水さんのその姿はなく…
そのため事務所は仕事を急遽休む理由について
インフルエンザ」「体調不良」と説明していました。

清水さんと連絡が取れなくなった経緯を見てみると…
事の発端となったのは2017年1月19日のこと…
幸福の科学」のホームページで
大川隆法総裁が著書
女優・清水富美加の可能性 守護霊インタビュー」に関連し
清水さんについて語る動画がアップされたようです。

これを書籍にしたもの…(2月3日に発売)

これは清水さんの守護霊を呼び起こして
未来を勝手に語るという本ですが
そもそも大川隆法氏が“その人物の守護霊を自分に降ろしている”体で
勝手に出版しているだけのものです。
さらにこの“大川隆法氏が有名人の守護霊を降ろしちゃった”シリーズは
信者ではない芸能人たちも
大川氏に守護霊を降ろされ
勝手に出版本となってしまっているので驚きです。
今月1日には逃げ恥ブームに便乗して星野源さんの守護霊インタビュー本
俳優・星野源 守護霊メッセージ「君は、35歳童貞男を演じられるか。」』が出版。

勝手に名前を使われている芸能人にとっては
とても迷惑な話のように感じます。

話はそれましたが
幸福の科学」のホームページを見たマネージャーが
清水さんに確認したところ
清水さんが幸福の科学の信者であることを
はじめて知る事となりました。
もともと清水さんの両親が幸福の科学を信仰しており
その影響でずっと清水さんも信者であったようです。

そして清水さんは1月下旬にマネージャーを呼び出し
幸福の科学側の弁護士2人の立ち合いのもとで
芸能界引退そして出家することを宣言したといいます。

「仕事をやめて幸福の科学に出家します。
 幸福の科学のために働いていきたい。
 (女優の)仕事をやめて専念したい」

幸福側の弁護士も両立は不可能と判断。
こう経緯を見てみると清水さんが身勝手ではないかと
思ってしまいますが清水さんと事務所との間には
大きな意見の食い違いも見受けられます。

まずは幸福の科学側の主張を見てみたいと思います。
幸福の科学は清水さんのタレント業に対し
奴隷的な契約形態」だったと主張しています。
デビュー当初の事務所との契約内容はあまりにもひどく
月給は5万円で、ボーナスの支給もないなど
さらに望まない仕事を無理やり強要(水着DVDなど…
清水さんは「死にたい」と家族などに
漏らすこともあったそうです。
最近では人肉を食べる人種の役柄など
良心や思想信条にかなわない仕事が増え
断ると所属事務所から干されてしまうという
恐怖心との葛藤のなかに置かれていたんだとか。
そして2月に医師による診断の結果
休養が必要だと判断し芸能活動を中断。
しかし幸福の科学側は
これは引退ではなく本人の体調が回復次第
当会の宗教的な映画等に出演する予定であると言っています。
事務所は辞めるが芸能活動は続けるという事ですね。

幸福の科学の芸能活動とは…

幸福の科学はもともと女優・小川知子さんや
作家・影山民夫さんを広告塔にするなど
著名人を布教に使ってきた歴史があるようです。
そして昨年には大川隆法氏が総裁として君臨する
宗教団体「幸福の科学」からアイドルが誕生しています。
メンバー全員が信者である6人組アイドルグループ
anjewel(アンジュエル)」が結成されています。

そして清水さんの出家の発表を受け
信仰心のあついメンバーたちだがTwitterで絶賛。

「清水富美加ちゃん、本当にかっこいい!
 姉の友達で、ずっと芸能人として応援してきましたが
 出家をするなら、もっともっと応援します」(はるか)
「世間に惑わされずに自分の信念を突き通した富美加ちゃん
 カッコ良すぎます」(いつき)
「一人でも多くの人を救いたいっていう
 純粋な愛の思いで覚悟を決めた富美加ちゃん、素敵です…!
 自分の利益を度外視して、世のため人のためになりたい
 っていう姿カッコイイです!」(みなみ)

さらに大川隆法総裁の長男で幸福の科学理事長の大川宏洋氏は
幸福の科学が母体となっている芸能事務所
ニュースター・プロダクション」の代表取締役社長に
2016年の1月に拝命されています。
そんな大川氏は清水さんが旧アカウントが削除され
Twitter新アカウントに登場した際に
いち早くフォローしていました。

清水富美加さんの新しいIDは「@sengen777
宗教家を決意した清水富美加さんに
法名・千眼美子(せんげんよしこ)が与えられたようです。
ちなみに参考として
幸福の科学信者たちのアカウントには
こぞって「777」が入っている模様…

・ いつだって、幸福の科学!@itudatte777
・☆幸福いっぱい☆@smartdog777
・I support the H.S @tarento777
※ H.Sは Happy Science(幸福の科学)の略
・幸福実現党 茨城県本部 中村こうき@nkouki777
・築山恭正_幸福実現党@tukkie_777

一方で清水さんの所属事務所であった
レプロエンタテインメントは
顧問弁護士側は会見でこう説明しています。

「無理やり仕事をさせたりとか
 やりたくない仕事をさせていたということはない」
「当社は月に1回か週に1回
 マネジャーが本人と直接面談し仕事の説明をしている。
 本人がその場でやりたくないと言ったら
 (事務所としてその仕事を受けないと)
 考えることもあるが、そういうことはなかった。
 本人はむしろ、積極的にいろんな仕事を受けたいと言っていた」
「本人は積極的に仕事に取り組んでいた。
 仕事を押しつけたことはない。
 (報酬に関しては)適切な報酬を支払ってきた。
 本人が嫌がっている仕事を、無理やりさせたことはない」

これを見る限り両者の意見は食い違っているようです。
どちらが本当かどうかはわかりませんが
清水富美加さんが宗教家になる決意は
かなり固いようです。

ファンの皆様・報道関係者の皆様へ
ファンの皆様、関係者の皆様、友達、飲み友達
私と話したことがある人、知ってくれている人。
突然に、本当に突然に、芸能界から姿を消して申し訳ありません。
お世話になっていた現場や、共演者さん、スタッフさん
関わらせて頂いた方々にご迷惑をおかけしている事
しっかりと自覚しております。
しかし、約8年、このお仕事をさせていただきましたが
その中でお仕事の内容に、心がおいつかない部分があり
しっかりとした生活が送れず、毎日がギリギリの状態でした。
なので今、出家したいと思いました。
私、清水富美加は幸福の科学という宗教に出家しました。
なんで、それで、出家することになるのか、皆さんにとっては
何もかもが意味不明だと思います。
幸福の科学が、宗教が、出家というものが何なのか。
「出家したい」と言ったら、マネージャーさんにも
「意味が分からない。やめてくれ。」と言われました。
無宗教の方が多い現代では、誰もがするであろう反応ということも分かっております。
それでも、神とか仏とか、あの世とか、確かめようのないもの
この目で見たこともないものを、私は信じ、神のために生きたいと思いました。
出家を決意してからは、安定した生活が送れるようになっております。
皆様から見たら洗脳とも取れるであろうこの一連の出来事や
この約8年間で感じてきた素直な気持ちを、これから、偽りなく
明かしていきたいと思います。
どうかこれからも温かい目で見守って頂ければ幸いです。
本当に本当にありがとうございました。
2017年2月吉日
清水富美加

幸福の科学は清水さんの体調の回復により
信条上合致する考え方の合う
映画やドラマなどに出演する可能性はあると回答しており
ネット上ではさすがに自分勝手すぎるという声も上がっています。
現在、教団に守られ怖いものなしとなった清水さんは
教団の大スターになりその知名度は
かなり世間に知れ渡ることになるでしょうね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。