磯野貴理子の夫・高橋東吾の本性が明らかに!?24歳年下のイケメンを手に入れた磯野貴理子の代償とは…

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2012年に磯野貴理子さんと結婚した
年下夫・高橋東吾氏の暴力事件が話題となっていますが
これは先日13日発売の「女性セブン」が報じています。
事件は2014年に起きており
ちょうど磯野貴理子さんが脳梗塞で倒れ
入院中だった時に起きた女性に対する暴力事件で
被害女性とは交渉の末
数百万円の示談金を支払うことになっているものの
現時点ではまだ支払われていないとのことです。
東吾氏は貴理子さんが入院中は毎日お見舞いに行き
昼夜のリハビリに付き添う献身ぶりを見せていたといいますが
闘病中に支えとなっていた夫が
一方で暴力沙汰を起こしていたとは
貴理子さんにとってはショックだったことと思います。
結婚当時は好青年なイメージの東吾氏の今の姿は
かなりイメージが違っているようですが
果たして彼の本性は…
夫婦関係をめぐっても物騒な“疑惑”がささやかれていたようなので
見てみることにしましょう。

スポンサードリンク

%e7%a3%af%e9%87%8e%e8%b2%b4%e7%90%86%e5%ad%90%e5%a4%ab%ef%bc%97

本名 高橋 貴理子
生年月日 1964年2月1日
出生地 三重県
身長 155 cm
血液型 A型

2003年当時の担当マネージャーであった7歳年下の正司宏行さんと
10年間の交際を経て結婚。
%e7%a3%af%e9%87%8e%e8%b2%b4%e7%90%86%e5%ad%90
2009年に離婚。原因は夫の浮気のようです。
2012年『行列のできる法律相談所』の番組内にて
かねてより交際していた24歳年下のバー店員だった高橋東吾氏と
再婚し大きな話題となりました。

行列のできる法律相談所に出演した高橋東吾氏の画像(当時23歳)
%e7%a3%af%e9%87%8e%e8%b2%b4%e7%90%86%e5%ad%90%e5%a4%ab%e7%a3%af%e9%87%8e%e8%b2%b4%e7%90%86%e5%ad%90%e5%a4%ab%ef%bc%91
2012年9月「行列のできる法律相談所」内でサプライズプロポーズを行い入籍しました。
%e7%a3%af%e9%87%8e%e8%b2%b4%e7%90%86%e5%ad%90%e5%a4%ab%ef%bc%92
2013年東吾氏の念願だったバーをオープン
%e7%a3%af%e9%87%8e%e8%b2%b4%e7%90%86%e5%ad%90%e5%a4%ab%ef%bc%93
磯野貴理子さんの出費で港区の青山にバー『Rabbit Foot』をオープンし
行列のできる法律相談所』で開店を宣伝したことで
東吾氏見たさに女性客が殺到したそうです。
%e7%a3%af%e9%87%8e%e8%b2%b4%e7%90%86%e5%ad%90%e5%a4%ab%ef%bc%94
磯野さんは若い女性客と浮気されないように
仕事が終わると店に出て手伝い
閉店すると近くにあるマンションに一緒に帰っていたそうですが
テレビ局や広告代理店関係の馴染み客が増えるにつれ
東吾さんさんが閉店後に六本木のクラブに誘われるようになると
すっかりファッションは派手になり
髭をはやし金髪のメッシュを入れ雰囲気がガラリと変わってしまったようです…
%e7%a3%af%e9%87%8e%e8%b2%b4%e7%90%86%e5%ad%90%e5%a4%ab%ef%bc%95
結婚当初から磯野さんの金でバー『ラビットフット』をオープンさせたことなどから
ネット上で『金目的の結婚』と呼ばれていました。
とにかく東吾氏は磯野さんに“おんぶにだっこ”状態。
そして最近の東吾氏のブログ写真を見ると
肌は真っ黒で筋肉ムキムキのいわゆる“オラオラ系”に変貌。
%e7%a3%af%e9%87%8e%e8%b2%b4%e7%90%86%e5%ad%90%e5%a4%ab%ef%bc%96
さらに『行列』でプロポーズした頃からは
想像もできないような発言の数々が…
東吾氏は周囲にこう漏らしているよう…
妻とはほぼ仮面夫婦みたいなもの
さらには
今後やりたいことを探していきたい

やはり初めからお金目当ての結婚だったのでしょうか…
今回報道されている女性に対する暴力事件も
飲み会の席で隣に座っていた女性をくどいていたそうで
その女性の友人が注意したところ
その女性に殴り掛かったそうです。(全治6か月の重傷)
磯野さんの入院中に献身な看病をしていたにもかかわらず
違う女性を口説いていたということも
この人って一体…と思ってしまいます。
磯野さんはこのことについて
どんな気持ちだったのでしょうか??
24歳年下のイケメンを手に入れた…
その代償は大きいかもしれません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。