華原朋美ビキニの需要もおしまい!?次は暴露タレントとなるか!?あの薬物パーティー話の解禁か!?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

インスタグラムにビキニ姿を投稿した歌手の華原朋美さん。
約一か月前に自身のインスタグラムに公開した写真は
お尻丸出し”といった写真で話題となりましたが
今回の投稿写真は前から取られたものとなっていました。
来月42歳を迎える華原朋美さんですが
謎の“セクシー売り”を繰り返している華原さんに対しての
ネット上の反応はというと…
痛いおばさん
誰得?
本業を頑張ってください
残念な人」など
嫌悪感を示す人も多いようです。
華原朋美華原朋美1
そんな痛々しさが目に付くようになった華原さんは
番組収録では行き過ぎた暴露エピソードなどで
共演者をドン引きさせることもしばしばあるみたいですが…
最近の華原さんは
彼氏がいない』と発言した直後に
結婚したい人がいる
すぐに子作りしたい』と言い出したかと思えば
観葉植物と会話している』と不思議ちゃんキャラを演じ始めたりと
情緒不安定な様子が目立ってきているため
そのうちエイベックス周りのやばい話も飛び出すのでは!?との声も…
もしそおなればあののヤバイ話を掘り起こすことに
なってしまうかもしれませんね^^;

スポンサードリンク

今から3年前の事「週刊文春」が生々しく報じた
シークレットパーティーについて…
エイベックスの松浦勝人社長のバッシング記事を
掲載しました。

松浦 勝人

華原朋美2
生誕    1964年10月1日(51歳)
      神奈川県横浜市港南区
別名    masato matsuura
職業     音楽プロデューサー
実業家(エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 代表取締役社長・創業者社長)

松浦勝人社長の『女とクスリ』」と題し
関係者らの証言によって愛人だったとされる
浜崎あゆみさんをスターに押し上げた経緯や
自宅などに女の子を連れ込んでは
セックスにふけり大麻とコカインを常習していたという
酒池肉林ぶりを暴露する衝撃的な記事で
この中で最もショッキングだったのは
華原朋美さんの“暗黒期”の痴態ぶりでした。
かつて松浦社長は東京・渋谷区に「並木道」という
プライベートバーを持っていたとゆう。
20坪ほどの狭いスペースでしたが
そこには各界のセレブが夜ごと集まり
大音量のダンスミュージックが流れる中で
モデルや芸能人ら美女たちがなまめかしく踊っていたそうです。
そして当時の常連参加者は
ある夜の出来事が忘れられず脳裏に焼き付いていると
同誌に語っています。

その内容とは!?

華原さんの異様な様子を証言したものでした。
証言によると…

「朋ちゃんが下着も何もつけない真っ裸で
『並木道』のフロアをウロウロしていたんです。
 信じられますか、全裸ですよ!」
「それも完全にラリっていて、夢遊病のように歩いている。
 目がトロンとして、口元もダランとゆるんで…」

その当時、華原さんは恋人だった小室哲哉さんに捨てられた時期だったらしく
精神的なショックもあって尋常ではない状態になっていたようで
客の中には華原さんをニヤニヤ見ながら
みんなにマワされてるよね』と笑う人もいて
そこにいた松浦社長と千葉(エイベックス副社長の千葉龍平氏)が
全裸の彼女を指さして
小室の彼女をヤッてやったぜ』と自慢しあっていた…
とも語っていた様子が書かれています。

当時の華原さんは小室さんとの破局で
精神をかなり病んでいたらしく
オトコとクスリ」に翻弄され悲惨な状態だったようです。
そして華原さんが入院に至るまでの経緯によれば
華原さんはタワーマンションの最上階の部屋にかくまわれ
複数の関係者が世話をしていたらしく
やはり同じように目がトロンとして
いつもケラケラ笑っていて異常な状態だったそうです。
すぐに全裸になってしまうクセがあり
本人の意思がほとんどない状態なので誰とでも寝てしまう。
最初は興味本位もあってオトコたちが群がっていましたが
あまりに不気味だったため、みんな一回ヤッたら…
最終的には誰からも見捨てられ入院に至った…とのこと。

さらに松浦社長が大麻やコカイン、MDMA(合成麻薬)を常用し
懇意にしているヤクザに調達を頼んでいたという記事や
大麻疑惑がささやかれた沢尻エリカさんに松浦社長が
ドラッグはいつでも用意できる」と語ったことなど…
エイベックス側が完全否定したようですが
松浦社長のドラッグ疑惑はいまだ根強く残っているようです。
貸しレコード屋のアルバイトから身を立ててエイベックスを設立し
優秀な経営者として各メディアでもてはやされる一方
松浦社長のそのウラには
女、クスリ、カネ」にまみれた顔があったようです。
華原朋美4
その犠牲者になったともいえる華原さんが
廃人状態から復活を遂げたのはまさに奇跡!?
歌手としてだけでなく“暴露タレント”として
注目を集めるのならば
この危険なヤバイ話はまさにドン引きですよね(゚Д゚)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。