吉高由里子が完脱ぎ写真集を計画!?映画『蛇にピアス』以来のヌードとなるのか!?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

朝ドラ「花子とアン」の主演を務めた後
芸能界から姿を消してる吉高由里子さん。
彼女を見るのはCMくらいなものですが…
しかし休眠状態の吉高さんに
まさかのプランが持ち上がっているんだとか!?

スポンサードリンク

映画会社スタッフによると

「吉高さんが“完脱ぎ”写真集に興味を持っているという話があるんです。
 始めは単なるデマだと思っていたのですが
 やたらと業界内で話が広がっています。
 売れっ子女優だし
 わざわざこのタイミングで脱ぐ必要もないと思うのですが
 当の本人が興味を示しているということが決め手です。
 もともと芸術志向の強いタイプでしたが
 最近は『文學界』で文筆デビューするなど
 ますますその傾向が強まっている。
 “完脱ぎ”に関しても
 あくまで“芸術的な観点”から関心を抱いているといいます」

当の本人が興味を示しているとゆうことは
実現性が高いかもしれませんね。
そもそも吉高さんのメディアから
姿が消えてしまった背景には
燃え尽き症候群”とも言われていました…

NHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインをつとめ
NHK・紅白歌合戦では
司会の大役をつとめた吉高さんは
大役をこなしたことで
徐々に“燃え尽き症候群”の状態に陥ってしまったのだとか。
さらには長年にわたり
一心同体のような状態で信頼していた
女性チーフマネージャーが
所属事務所を退社したこともあったようで
これだけ大きい仕事をしたら、これが最後でもいいでしょう? 
 とにかくしばらくやりたい仕事が見つかるまで休ませて

こんなことを吉高さんは周囲に漏らしていたようです。
そんな吉高さんが完脱ぎに興味を示すとゆうことは
ようやくやりたい仕事は
完脱ぎだったってことでしょうか^^;

映画「蛇にピアス」でブレイクしたとゆうことで
本人は“脱ぎ”に対して
それほど抵抗がないとも言われています。

映画「蛇にピアス」はかなり印象深い映画でしたね。
2007年9月頃に交通事故に遭って
顎の骨を折る重傷となり入院したことのある吉高さん。
しかしこの出来事がきっかけで
金原ひとみさんの『蛇にピアス』に感銘を受けたようです。
そして蜷川幸雄監督による映画化にて主演し
デビュー以来初のヌードを披露。
第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。
蛇にピアス
吉高由里子

キャスト
ルイ:吉高由里子
アマ:高良健吾
シバ:ARATA
マキ:あびる優
ユリ:ソニン

当時は何気に見ていましたが
結構すごい豪華なキャスティングだったのだなと思います^^;
アマ:高良健吾
吉高由里子1
シバ:ARATA
吉高由里子2
もちろんこのピアスは本物ではありませんが
よく見ないと誰だかわかりませんよね^^;
その他の特別出演もかなりの人たちです。

特別出演
刑事:市川亀治郎
バイトのマネージャー:井手らっきょ
吉田光洋:小栗旬
受付の警察官:唐沢寿明
横山悟:藤原竜也

吉高由里子3

吉高さんのヌードもそうでしたが
この映画はまさに芸術的なものがありました。
そして30歳を前にした吉高さんは
今回の完脱ぎ写真計画を
あくまで芸術作品として挑戦したいと考えているようです。

映画会社スタッフによれば

「所属事務所のほうは
 さすがにリスクが高すぎるということでストップをかけているそうだが
 “育ての親”とも言われたマネージャーの退社以来
 事務所サイドと吉高さんとの間がギクシャクしているようです。
 本人が“暴走”する可能性は十分ありますよ」

果たして暴走はあるのでしょうか??

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。