北斗晶の今は!?乳がん公表してから半年…壮絶な闘病生活。

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

乳がんの摘出手術を行い
5年生存率が50%と診断されたことを公表した
北斗晶さんですが…あれから半年。
北斗晶さんはどんな生活を送っているのか…
彼女の母親が語ってくれているようです。

スポンサードリンク

北斗さんの自宅があるのは
都心から電車で1時間の埼玉県東部の田園地帯です。
3人姉妹の次女である北斗さんは
埼玉県北葛飾郡吉川町の農家で育ちました。
北斗さんが現在住む自宅から
わづか50m先に母親が住む実家があり
結婚後も離れずに母と娘の北斗さんは暮らしてきたようです。

2015年9月24日に右乳房全摘出手術を受け
29日にわきのリンパまで転移したがんを取り除いた手術で
わきの神経も取ったことも告白した北斗晶さんですが
乳がん手術を公表してから半年。
術後治療にひと段落ついた彼女は今
自宅で夫・佐々木健介さんと2人の息子と過ごしています。

副作用に苦しんだ壮絶な闘病生活を
母親は全てを間近で見てきたようです。

「心配させたくないからって、あの娘は私の前では一切弱音を吐かないんです。
 今だって不安で、つらいだろうに…。
 見えないところでしか泣かない。強い娘だから」

昨年の11月から都内病院に入退院を繰り返し
抗がん剤治療を受けていた北斗さんが
投薬を受けたのは合計で9回。
かなり強い薬を受けていたようで
副作用は脱毛だけではなく
強い吐き気、全身の倦怠感や
味覚障害が断続的に北斗さんを襲ったようです。
強すぎる副作用を見かねて医者が投薬量を減少させたため
当初8回の投与計画が9回に延びたのだといいます。

北斗晶 5年先、10年先を生きる為に長い闘いに入ります!」と
力強く宣言した北斗さんは今も笑顔で頑張っているようです。
北斗晶

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。