小金井殺傷事件…富田真由さんが犯したミスとは!?必見!!地下アイドルがファンにしてはいけないこと…

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

21日に東京都小金井市で
アイドル活動をしていた
シンガー・ソングライター冨田真由さん(20)が
男性ファンにナイフで30か所以上メッタ刺しにされ
意識不明の重体となっています。
殺人未遂などの疑いで送検されたのは
京都市右京区在住の会社員の岩埼友宏容疑者(27)で
冨田さんの熱心なファンが
豹変して起こした事件であり
岩崎容疑者の異様な執着心や
犯行に至るまでの経緯が話題となっています…
しかし殺意までに至った原因は一体何だったのでしょうか??

スポンサードリンク

原因はプレゼントを返されたことによる怒りではあるようですが
今回の事件で逮捕された岩埼友宏容疑者の供述では
プレゼントを送り返され、問いただしたが、あいまいな答えだったので刺した
富田さんは地下アイドルと思われている方が多いようですが
実際は女性シンガーソングライターであり
マネージャーもなく1人で行動することも多いことから
ファンの対処方法を間違えてしまったかもしれません。
地下アイドル事件
高価なモノを受け取ると
ファンは見返りを求めてしまうため
送り返す場合はタレント本人が
拒絶した”と思われないようにするため
たとえフリーで活動していても
架空の事務所名を使って送り返すことで
トラブル回避につながるとのこと…
岩崎容疑者が富田さんに送ったとみられる
プレゼントの一部が差出人不明で返されたことに激怒し
全て返せ」と繰り返すツイートがあることから
殺意にまでの怒りを起こしてしまったのかもしれません。

地下アイドル事件3
地下アイドル事件4
ファンからのプレゼントに対し
アイドル事務所サイドはどのような対応を取っているのでしょうか。
芸能プロ関係者はこう語っています。

「名の知れたアイドルグループは
 ファンからのプレゼントにルールを設けている。
 事前に上限金額、大きさ、飲食物NG、使用・開封済みNGなど
 事細かに決まってますが
 前提としてメンバーへの手渡しは禁止
 手に渡る前に事務所スタッフが厳重にチェックして
 “問題なし”と判断しないと渡さない。
 あとは、よほど高価なモノでもない限り
 基本的に送り返すことはしない。
 送り返す行為は大変トラブルになりやすいからです」

高価なモノは、事務所名義で
高価なプレゼントは受け取れないことになっております
などという文面に加え
感謝の言葉を付けたりフォローする必要があるということです。

地下アイドル事件2

今回の事件はある種の
病を抱えた人間による
ストーカー犯罪であります。

地下アイドルは活動を続けるためにも
ファンとの距離感が近くなる傾向があり
中には勘違いをしてしまって
ストーカー化してしまうファンも多いし
大なり小なりアイドルはストーカー被害を経験しているようです。
ストーカーっぽい行動をしてしまうファンが
グッズやCDなどを大量に購入している場合
事務所としても経営に関わるので
どうしても出禁など強硬な手段を取ることがなかなかできないとゆう。

地下アイドル事務所のマネジャーによるとこんな経験も…

「現金200万円を絵に入れて送ってきて、求婚してきたファンがいました。
 オフィシャルサイトのコメント欄に執拗に見返りを求める書き込みをされたこともあります。
 高価な物をいただくこともありますが、頂いた物は返していません。
 過去の例で、送り返すとキレられたからです。
 それからはプレゼントを頂いたら、お礼を写真付きでツイッターなどの
 SNSにアップするようにしています」

地下アイドルとファンにとってのSNSなどのネット媒体は
メジャーアイドル界におけるテレビ番組のようなもの。
SNSで名指しでお礼されると
そのファンはとてつもない優越感が味わえるようです。
見返り要求が怖い」としてプレゼントを返すのは非常に危険のようです。

ファンに対する対応を誤ってしまうと
今回のような事件が起こる可能性があるとゆうことになります。

アイドルとして活動していた大学生が、ライブ会場近くで「ファン」の男に襲われた。
刃物で刺された東京都武蔵野市の冨田真由さん(20)は意識不明の重体。
男は、短文投稿サイト「ツイッター」で冨田さんへの一方的なメッセージを何度も送り
攻撃性をエスカレートさせていたとみられる。
突然の事件に、ファンはショックを隠せない。

ツイッターには、傷害容疑で現行犯逮捕された
住所・職業不詳の自称・岩埼友宏容疑者(27)のものとみられる
今年1月18日からの書き込みが残っていた。
冨田さんに対し、連日のようにメッセージを送っていた。

冨田さんのファンによると
冨田さんは今年2月のファンとの交流会で
「前回のライブ後に男の人につきまとわれて個人情報を聞かれた。怖い」と
話していたという。

最初のものとみられる書き込みは
冨田さんのライブの感想とみられ
「楽しい時間をありがとー」
「腕時計をプレゼントする意味を知っていますか? 大切に使ってくださいね」とあった。

その後、書き込みは「好きになってもらえるように頑張ります!」などと好意を表す一方
「『腕時計』捨てたり売ったりするくらいなら返して。
それは僕の『心』だ」などと要求。
冨田さんから返信がないことにいらだっている様子で
「ファンを大事にしない人間なんだね」
「もっと見下しばかにしてみろよ」などと
表現がエスカレートしていった。

「死にたい」
「死ねないから仕方なく生きてる。なんも楽しくない」などの書き込みも繰り返し
4月28日には
「そのうち(自分は)死ぬから安心してね」とのメッセージを送っていた。

冨田さんから
「執拗(しつよう)に書き込みがされている」との相談を受けた警視庁は
これらの書き込みが岩埼容疑者によるものとみられることを把握していた。

警視庁は相談への対応に問題がなかったかを調べるとともに
事件に至った経緯を捜査している。

この様な事件が二度と起こってしまわない様にと
願っておりますが
世の中には理解に苦しむタイプの人間が
たくさんいるということを
頭に入れておかなければなりません。
富田さんの回復を心より願っております。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。