ピコ太郎その正体は!?紅白出場に向けてエイベックスも動き出す!?オリラジ中田も宣戦布告…

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

彗星の如く現れたピコ太郎さん。
世界134ヶ国に配信したデビュー曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」は
アメリカ・ビルボードのシングルチャート77位にランクインするなど
まさかまさかの事態になっています。
世界を股にかけてブレークしてしまった
ピコ太郎さんのPPAPが一気に火が付いたのは
9月末頃9000万人近くのフォロワーがいるジャスティン・ビーバーさんが
ツイッターでピコ太郎さんのPPAPを
俺の大好きな動画」と紹介したのがきっかけなんだとか…
そんなジャスティン・ビーバーさんも大好きだとゆう
ピコ太郎さんって一体誰??とゆうことで
ピコ太郎さんについて見てみたいと思います。

スポンサードリンク

%e3%83%94%e3%82%b3%e5%a4%aa%e9%83%8e

別名義 ピコ太郎
生年月日 1973年7月17日
出身地 青森県青森市
血液型 A型
身長 186cm

ピコ太郎扮する古坂大魔王さんは
元々はお笑いコンビ・底ぬけAIR-LINEとして活動を行っていましたが
2003年9月からお笑い活動を休止。
2010年から単独お笑いライブ
いいえ!昔っからメンドクサイ男です!」を開催するなど
ピン芸人として活動していました。

芸については芸人仲間からはその笑いの才能を絶賛されているようです。
しかしプロあるいは大人らしからぬ言動を取ることが多々あるそうで
そんな言動も芸人仲間からは絶賛。
学園祭などの営業でネタを見て「つまんない」と言ってきた学生に…

「えっ? えっ? 何? 何? 今何て言った?
 つまんない? 君の方が面白いの?
 じゃあ面白いこと言って。3・2・1
 はい、言えない。言えない」

飲み屋で騒いでいる大学生に向かって…

「プロの前ではしゃぐな!」

爆笑問題の田中さんは古坂さんについてこう語っていたそうです。

「楽屋では誰よりも皆を笑わせるんだけど
 本番ではそれを一切発揮できない」

そんな古坂大魔王さんが扮するのピコ太郎が快進撃。

%e3%83%94%e3%82%b3%e5%a4%aa%e9%83%8e%ef%bc%91
1963年(昭和38年)7月17日生まれで
2016年(平成28年)10月現在は53歳。
千葉県出身のシンガーソングライターであり
新婚で78歳の妻がいるとされているようです。
2016年8月に動画投稿サイト「YouTube」上に
ペンパイナッポーアッポーペン』を投稿して以降
約2か月間で5800万回も再生され
世界的なヒットをみせていますが
その収益は驚くもので
たった2か月間で2900万円のようです。
この予想もしなかった大ヒットに
所属事務所のエイベックスは大慌てとのこと。
紅白出場に向けても動いているらしいです。
今やピコ太郎さんがすっかりお気に入りとなった松浦勝人社長は
%e3%83%94%e3%82%b3%e5%a4%aa%e9%83%8e%ef%bc%93
この時期は紅白歌合戦にレコード大賞と
レコード会社にとっては1年でもっとも忙しい時期ですが
エイベックスとしては何よりもピコ太郎さんを優先しているようです。

そんな紅白出場も夢ではなくなったピコ太郎さんを
ライバル視しているのが
オリエントラジオの中田さんだといいます。
オリラジ率いるダンス&ボーカルユニット「RADIO FISH」は
中田さんの実弟らとともに結成した音楽ユニットですが
今年上半期には「PERFECT HUMAN」がヒットしました。
%e3%83%94%e3%82%b3%e5%a4%aa%e9%83%8e%ef%bc%92
本人たちは紅白出場を口にしていて
イベントなどでは
我々RADIO FISHは、年末の紅白歌合戦に出るぞー!」と
意気込んでいましたが
そんな矢先に凄い勢いでブレイクしてしまったピコ太郎さん。
中田さんはピコ太郎さんをかなりライバル視しているようです。

「ポッと出の新人だとは思うけど、なかなかバズってる」
「紅白出場は僕が許しません。
 ピコ太郎さんとはバチバチに争って、紅白をいただきたい」

かなりの上から目線ですが
相当のライバル感が伝わってきています。

しかし“PPAP現象”は楽曲が独り歩きしたもので
歌い手のピコ太郎さんやその正体である古坂大魔王さんは
ほとんど注目されていないというのが実情のようです。
果たしてこの人気はいつまで続くことが出来るか
少し心配な部分もありますよね。
一発やにならないことを願っております^^;

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。