ジャスティン・ビーバー世界遺産から嫌われ…

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

数日前からトゥルムの近くに滞在し
地域文化などを学ぶエコツーリズムキャンプに参加していた
ジャスティン・ビーバー

自身のインスタグラムではメキシコ滞在を楽しむ姿が…

ジャスティン・ビーバーメキシコ

熱愛を噂されるヘイリー・ボールドウィンや友人たちと
ユカタン半島沿岸のトゥルム遺跡を訪れましたが
お騒がせ事件が起きたようです。

ジャスティン・ビーバー遺跡

トゥルム遺跡はユカタン半島東海岸にある
マヤ文明末期の遺跡の一つ。
13世紀の建造だが保存状態が良く
カリブ海に面した好立地でもあることから
多くの観光客が訪れています。

メキシコ遺跡
現地時間7日にマヤ文明末期に栄えた城壁都市の遺跡である
世界遺産「トゥルム遺跡」を訪問したジャスティン。

入場の際には

ビーバーが持ち込みを禁じられている
ビールを持っていたという。
中身を捨てて、入場を許されたものの…

遺跡内では規制線が張られた立ち入り禁止区域に入ったり
遺跡建造物によじ登るなどやりたい放題だったようです。

ズボンを下ろし
自分のお尻を自撮りし始めたところで
警備員が激怒し“待った”を掛けたとゆう。
建物から下りるよう注意すると
ビーバーはまさかの逆ギレ。
大声でこの警備員を怒鳴りつけたとのことです。
結局、退場を命じられてしまい
警備員に付き添われて
遺跡を全部見ることなく
立ち去ったとゆう…
結局追い出される形となってしまったようです。

スポンサードリンク

メキシコ国立歴史人類学庁のディレクターが
エンターテイメント・トゥナイト」誌にこう語っています。

「彼と彼の仲間はパンツを下ろして
 私たちのスタッフを侮辱しました」
「私たちにはメキシコの文化的な遺産を守り
 尊重する厳格なポリシーがあり
 それは全ての訪問者に適用されます。
 彼らが有名であろうと関係ありません」

楽しみ方がやんちゃ過ぎたようです…

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。