星野源のアルバム収録曲が映画主題歌に決定!!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

最近活躍が飛躍している星野源さん…
現在放送中のドラマ『コウノドリ』(TBS系)への出演では
多くの反響を呼んでいます。
音楽家、俳優、文筆家として幅広く活躍し
多くの支持を受けています。
本年度の『NHK紅白歌合戦』への初出演も決定し
音楽家としての活動もいよいよめざましくなっているようです。

そんな星野さんが書き下ろした新曲「Friend Ship
2016年夏に公開予定の映画「森山中教習所」の主題歌として
決定したことが明らかとなりました。

12月2日にリリースする
4枚目のアルバム『YELLOW DANCER』にも収められており
映画本編を観る前にアルバムで楽しむことができます。

アルバムには大ヒットを記録した「SUN」を始め
地獄でなぜ悪い」「Crazy Crazy」「桜の森」などのシングル表題曲
Snow Men」「Week End」などのタイアップ楽曲
さらにマリンバをフィーチャーしたインストゥルメンタル「Nerd Strut
弾き語り曲「口づけ」など、全14曲が収録されています。

星野源アルバム
収録楽曲

1 時よ
2 Week End  
3 SUN
4 ミスユー
5 Soul
6 口づけ
7 地獄でなぜ悪い
8 Nerd Strut (Instrumental)
9 桜の森      
10 Crazy Crazy
11 Snow Men   
12 Down Town
13 夜
14 Friend Ship


スポンサードリンク

ジャケット写真はバナナ、本、皿、フォーク、猫など
さまざまな国のアイテムや食べ物、生物が組み合わさり
舞妓の後ろ姿を連想させる。
アルバムタイトルYELLOW DANCER』の世界観をよりポップに表現したしたようです。

真造圭伍による同名マンガを原作とした豊島圭介監督のヒューマンコメディ。
大学生の清高とヤクザの組員の轟木という
高校時代に同級生だった2人の男が非公認の自動車教習所で過ごす一夏を描く。
野村周平賀来賢人がダブル主演を務めるほか
麻生久美子、根岸季衣、ダンカン、音尾琢真、光石研らが脇を固める。

大学生とヤクザの組員になった同級生の出会うはずのなかったふたりが再会し
おかしくてヘンテコで愛すべきひと夏を送る
青春エンターテインメント
二度と会わないかもしれないけれど、大切な友達がいる。
星野源さん新曲「Friend Ship」は
そんなふたりをイメージして作られた切なくも温かい一曲に仕上がっているということです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。