紅白歌合戦の事件やハプニング…今でも根強く残る事件やハプニングを総特集!!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

今年で67回目を迎える紅白歌合戦
紅白は生放送とゆうことでハプニングはつきものですが
そんな紅白のハプニングを振り返ってみると
結構あるものなんだなぁ…と思いました。
個人的に面白かったハプニングを集めてみたので
見ていただきたいと思います。

スポンサードリンク

84年の第35回放送で大トリを務めた都はるみさん。

この年引退宣言を発表し会場は異様な盛り上がりを見せていました。
そんな中、歌い終わった都はるみさんに異例のアンコールが起こることに…
それに応え「好きになった人」を歌おうとしますが
感極まって声にならず…
出演者全員で都はるみさんを囲んで励ましながらの大合唱。
感動の真っただ中で事件は起きてしまいます。
この年総合司会を務めていた生方恵一アナは…

「もっともっとたくさんの拍手を、ミソラ・・・・ミヤコさんに」

感動的なフィナーレに…なるはずだった。
しかしミヤコミソラと言い間違えてしまった痛恨なミスでした。
生方アナは翌85年に大阪放送局へ異動し
その年限りで自らNHKを退社しています。
後年になってこう語る生方アナ…

「ロウソクの炎が燃え尽きたように崩れ落ちていくはるみちゃんの姿を見た時
 美空ひばりに並んだな、ととっさに思ったんです。
 その結果が『ミソラ』でした」

たった3文字の間違えが人生を変えてしまったようです。
NHKという番組の凄さが伝わってくる
ハプニングではないかと感じました。

74年に「襟裳岬」で初の大トリを務めた森進一さん。

ステージに登場して一礼すると観客席がざわめきだすことに…
その時ズボンに異変が起きていました。
なんとズボンのファスナーが全開し白いシャツがコンニチハ^^;

当時はレコード大賞と紅白が同じ日に行っていたため
レコード大賞の会場から急いでNHKホールに駆けつけるという
出場者にとっては大変な一日でした。
そのため慌てて着替えた森さんは
ファスナーを閉め忘れてしまったようです。
ワンコーラスが終わるや白組歌手陣が森さんを囲んで直させたようですが
閉め終わるまで画面はひたすら顔のアップを映し続けるとい状態でした。
生放送がゆえに恥ずかしすぎるハプニングですね。

86年に白組司会を務めた加山雄三さん。

この年のトップバッターは少年隊で曲は「仮面舞踏会」でした。
張り切って曲紹介をしようとした加山さんでしたが
なんと「仮面ライダー」と言い間違えてしまうことに…
その理由として本番前の控え室で
仮面ライダーみたいなタイトルだなと話していて
つい口をついて出てしまったそうです。
あまりに堂々とした言い間違いに
仮面ライダー事件”として語り継がれることになりました。

確かに…言い間違ってしまったのが
何となくわかるような気がします^^;

1990年初の海外中継を行った長渕剛さん。

1990年は東西ドイツが統一されて
ベルリンの壁が崩壊した年でした。
紅白史上最長の3曲16分を歌いきった長渕さんでしたが
歌唱直前にこんな発言をしています。

「現場仕切ってるの、みんなドイツ人でしてね。
 ともに闘ってくれる日本人なんて、1人もいませんよ。
 恥ずかしい話ですけど、今の日本人、タコばっかりですわ」

これは現地入りした長渕さんが
現場を管理しているドイツ人との意見が噛み合わず
演出にこだわる長渕さんと相手側の意見に合わせてばかりで
ロクに交渉もしなかった日本人スタッフに対する苛立ちだったようです。
しかし当時33歳だった長渕さんのこの発言に
大御所の北島三郎さんが激怒したため
今でもネット社会では蔓延しています。
そして北島さんの激怒に対しこうも言っていた長渕さん。

「偉い人達が色々言ってるけど俺からしてみれば
 自分の命とも言える歌を短縮されてまで出てる彼らの方がよっぽどおかしい。
 毒にも薬にもならない歌を垂れ流すんなら
 毒にか薬にかになる歌を唄ったほうがマシってもんだ」

さすが長渕さんという感じがしますが
今では当時の事についてこう言っています。

「当時は本当に生意気なガキだった。
 反省してますよ(笑)。
 ただ、あの頃の自分の生き方としては間違っていなかったんだと思う。」

1990年「今の日本人はタコばっかり
2016年の現在の日本人はどうでしょうか…

1985年に初出場でトップバッターを務めた吉川晃司さん。

吉川晃司さんは白組トップバッターでしたが
白組なのに何故か真っ赤なスーツ姿で登場^^;

シャンパンを口に含み撒き散らしながら登場し
にくまれそうなNEWフェイス」を熱唱。
当初予定になかったステージから客席に降りる行為を行った上に
撮影中のカメラに衝突したため画面もぶれるなど
当時のハチャメチャぶりがうかがえます。
さらに出演時間が過ぎて次の河合奈保子さんの番になっても
ステージ上に居残っていた吉川さんがしようとしていたことは
ギターに火をつけステージに叩きつけて破壊するという
パフォーマンスでしたがギターを破壊するシーンは
放映されていません。
しかし河合さんが怯える姿がはっきりと放送されています。

のち吉川さんサイドから河合さんへ直接謝罪しているそうです。
さらに極めつけは…
白組の次はシブガキ隊でしたが
吉川さんが噴出したシャンパンでステージが酒浸しになっていたため
布川敏和さんが『スシ食いねェ!』の歌唱中に
2回も足を滑らせて転倒するというハプニングにもつながっています。
個人的に、この転倒にはかなり笑えてしまいました(笑)

このハプニング事件により吉川さんは紅白を出禁となっています。
そしてこの件を振り返り吉川さんはこう述べています。

「当時は多くの賞が出来レースになっていて
 プロダクションやレコード会社の政治力によって決まっていたり
 事実を受け入れたくない、どうしたらいいんだろうといつも悶々としていた。
 紅白は抗議行動的な側面もあったが、あまりに稚拙だったと思う。
 極度の興奮状態にあったので曲を延ばしている意識も全く無かった。
 ギターもあそこまで燃やすつもりもなくて
 ジミ・ヘンドリックスをマネして、軽く付けてみようと思ったら
 照明が当たっていて火が見えなくて自分でも火傷して
 訳が分からなくなってしまった。
 全部が見事なほど裏目に出てしまった」

紅白歌合戦にはハプニングがつきもののようですが
それもまた一つの楽しみなのかもしれませんよね^^

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。