ラモス瑠偉のゲス不倫が発覚!!今回の名言は…魂で新妻を愛している!?愛の弁明は30分。

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

元サッカー日本代表で7月まで『FC岐阜』監督を務めていたラモス瑠偉さんですが
ゲス不倫が発覚したようです。
ラモス瑠偉さんは5年前に最愛の妻・初音さん(享年52)を
転移性肝がんで亡くしましたが
昨年11月に20歳下の一般女性と再婚しました。
そんな新婚生活真っ最中の夫のゲス不倫について
新妻は何を思うのか…
ラモス瑠偉さんの妻への弁明は
取材陣にたいして30分も続いたそうですが(゚Д゚)ノ
そんな不倫の様子と共に
愛の弁明なども見てみることにしましょう。

スポンサードリンク

%e3%83%a9%e3%83%a2%e3%82%b9%e7%91%a0%e5%81%89%e4%b8%8d%e5%80%ab%ef%bc%92

国籍 日本・ブラジル
生年月日 1957年2月9日
出身地 ブラジル リオデジャネイロ

ラモス瑠偉さんは元嫁の初音さんと現役選手時代の1984年に結婚。
2人の出会いは1980年10月友人からの紹介がきっかけで
23歳だったラモスさんはその時の様子を
胸がドキドキして、足が震えましたね」と一目惚れし交際をスタート。
2年後、ラモスさんは交通事故で左足のすねを複雑骨折し入院し
選手生命の危機に直面することに…
初音さんは献身的な看病を行ってくれたといいます。
結婚した時ラモスさんはこう誓ったそうです。

「あの事故の時に初音ちゃんは僕を笑顔で守ってくれた
 だから今度は、どんなことがあっても初音ちゃんを笑顔で守る」

1男1女に恵まれサッカー界でも屈指のサッカー好き夫婦として知られていた2人。
%e3%83%a9%e3%83%a2%e3%82%b9%e7%91%a0%e5%81%89%e4%b8%8d%e5%80%ab
しかし2011年初音さんが倒れガンが発覚。
ラモス氏がビーチサッカー日本代表監督として中国遠征から帰ってきて6日後
初音さんは脇腹に激痛を訴えて緊急入院し
担当医からラモス氏に告げられた初音さんの診断結果は
転移性肝ガンで「おそらく持って1ヶ月」という残酷なものでした。
初音さんにはガンの告知は一切せずに看取ることを決断したラモス氏。
かつて初音さんが行ったように
笑顔で献身的な看病を行いましたが
病室の一歩外では人知れず涙を流していたといいます。
2011年7月17日病室でなでしこジャパンがW杯で優勝する様子を見て
初音さんはラモス氏にこう言ったそうです。
次はあなたの番ね。私退院したら、イタリアに応援に行くわ
8月に控えていたビーチサッカーのイタリアでの
ワールドカップに行くと言う初音さんにラモス氏は
わかった、約束するよ
しかし初音さんは入院からわずか10日でこの世を去りました。
後のラモス氏のインタビューの愛の深さは多くの人を感動させました。

今までサッカーでトロフィーはいっぱいもらった。
 でも僕にとって1番のトロフィーがなくなってしまった。
 1番のトロフィーは初音ちゃんだった。

あそこまで愛した人を…たぶん乗り越えられないと思います。
 別に乗り越えようとも思ってないから

再婚なんてしない。同じ墓に入る。生まれ変わっても彼女と結婚する。

今でも、時々子供のように恥ずかしく泣くことがある。
 朝起きた時が一番悲しい。ベッドでも彼女の枕を抱いて寝ている。

この状態を10年、15年続けるかどうかはわかりませんが
 (初音さんは)一生胸の中に生きている

%e3%83%a9%e3%83%a2%e3%82%b9%e7%91%a0%e5%81%89%e4%b8%8d%e5%80%ab%ef%bc%91
エキゾチックな顔立ちの美人と報道され
元嫁初音への深い愛情が世間にも知られていたために
ラモス瑠偉さんの再婚を祝福する声は非常に多かったようです。
2016年の2月に再婚相手の嫁と結婚式を挙げ
現在は新築の賃貸マンションに再婚相手の嫁と新婚生活を送っているラモス瑠偉さん。

東京・港区内の高級焼肉店に二人の女性と一緒のラモス瑠偉さん。
一人は最近ずっとラモスさんが口説いているというB子さんで
背が高く吉田羊さん似のアラフォーの独身OLのスレンダー美女。
もう一人のC子さんはその友達。
夜9時半に焼肉店を出た一行は近くのイタリアンでコーヒーを飲むと
タクシーを停めて乗り込み
後部座席にC子さん、ラモス、B子さんの順番で乗り込むと
車は銀座方面へ。
いくばくもしないうちに
ラモスさんがしきりにB子さんに顔を近づけ始め
隣に座るC子さんを気にもせず濃厚な“車中不倫キス”を繰り返したようです。
都内の自宅マンションでラモスさんを直撃すると…

――タクシーの中で、B子さんとキスをされているのを目撃しました。
「キス!?ほっぺ!ほっぺにキスしたと思うけど」

――いえ、口と口でした。
「いや、いや、覚えてない。私はほっぺだと思ってるけど。(口づけは)奧さん以外、絶対やらない」

――奥さまが知ったら“イエローカード”では?
「(イエローカード)間違いないヨ……。でも彼女は恋人なんかじゃないよ!」

――最近、不倫が流行ってますが、ラモスさんもB子さんを狙って……。
「ない!まったくない!ボクは奥さんを心から愛している。あり得ない、絶対!」

そして飛び出した30分の新妻への“愛の弁明”はこちら…

「奥さんは大阪出身。知り合いの誕生会で会ったんですが
 (初音さんの)三回忌が過ぎてから、マジメに付き合うようになった。
 再婚するまで約3年間、ずっと待ってくれたんだ。
 ボクには奧さんしかいないんだよ、ホントに」
「奧さんと一緒に、もちろん初音ちゃんのお墓参りもして
 再婚の報告もしたよ」

さらに以前初音さんと住んでいた豪邸には
ラモスさんの娘夫婦と一緒に初音さんのお母さんが住んでいて
新妻には前の妻のお母さんも大事だとゆうことも
新妻は理解してくれているとゆうことです
新妻の理解の上豪邸を明け渡したと語ったラモスさんは
最後にこう語ったようです。

「言い訳するつもりは、まったくない。
 書き方だけ、気をつけてください。
 それで来週から、ボクと奧さんが仲良くできるか決まる。
 魂で奧さん愛してるから、ダイジョーブだけどね!」

果たして新妻は不倫も理解してくれるのでしょうか??

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。