ベッキーと川谷絵音の気持ちに違いが生まれてきた!?まさにゲスの極み!!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

好感度ナンバーワン・タレントとして
君臨してきたベッキーさんですが
所属事務所が正式に休業を発表して
バラエティー番組から姿を消すこととなりました。
不倫スキャンダルはベッキーさんにとって
あまりにも大きな痛手となってしまいました。

スポンサードリンク

所属事務所は先手を打つ形で先月
番組などの出演を見合わせるように局に申し入れ
レギュラー番組を持つ各局に最短1カ月
長くても3カ月程度休ませてほしいと
直訴”したといわれていますが

事態はさらに進展して休業
引退説まで囁かれているようです。

休業も事務所がベッキーさんの
タレント生命を守るために考えた結果であり
本音は引退だけは避け
休業→自粛→謝罪という形を取り

ギリギリのラインでタレント生命を
守ろうとしているようですが……。

しかし事情通によると…

「周囲が『川谷とは別れろ』と何度
 諭しても首を縦に振らないというのです。
 ベッキーと顔見知りの番組プロデューサーが
 『このままだと仕事がなくなる』と話しても
 『すいません……』と泣きじゃくるのみ。
 揚げ句は『もう仕事をしたくない。責任を取る……』
 などと言い出すとか」

前出・エンタメ誌ライターは…

「稼ぎ頭のベッキーがこの状況では
 “事務所存続の危機”と言っても過言ではありません。
 そこで周囲はしばらく川谷と会わないこと
 その後は別れる方向で話をつけるよう
 説得しているようです。
 もっともベッキー本人は聞く耳を持たず
 『絶対に別れない!』の一点張りだそうです」

しかし、そんな“ベッキー救済策”を知ってか知らずか
川谷さんはすでにベッキーさんとの
決別を考えているようなんです。
ベッキーさんは「絶対別れない」と頑なな反面で
川谷さんはとゆうと…
エンタメ誌ライターによれば…

「一部報道によれば
 川谷は事態が予想以上に大事になったことに
 腰が引けており
 周囲には“もう別れようかな”と
 こぼしているようです。
 ベッキー同様
 自身の音楽活動にも
 損害を及ぼし始めた状況に
 終止符を打ちたいという思いなのでしょう」

今後「川谷は厳しい」と指摘するのは
ある音楽関係者…

「『ゲス乙女』が出演した
 テレビ朝日の『ミュージックステーション』や
 NHKなどにも苦情が殺到しました。
 とくに民放の場合、スポンサーが嫌がります。
 恐らく『ゲス乙女』がアーティストとしてベッキー同様
 テレビやCMから干されることになる。
 NHKはボーカルが不倫というのはNGだから
 今年の紅白は難しいでしょう。
 当然、露出が激減するので
 CDやダウンロード数にも影響する。
 ベッキーと共倒れになることも考えられます」

テレビ局にはファンや視聴者から
そもそも川谷は悪くないのか
と苦情が来るし
ネットなどでは
ベッキーだけが悪者なの
彼女だけかわいそう
不倫は一人じゃできないよ」といった
川谷の責任を問う声も根強いとゆうことで…

ベッキーさんがボロボロなのに
相手の川谷さんは逃げ切った印象もありますが
ある音楽会社プロデューサーがいうには
安穏としていられない。次のターゲットは川谷
世の中はそんなに甘くないようです。
 

しかし川谷さんは
「(面倒だから)もう別れるか」と
周囲に漏らしているらしい…

とのことですが
これが事実なら驚きですね!!
たかが不倫…とゆう
軽い気持ちだったのでしょうか??

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。