清原和博…禁断症状への地獄か!?以前に事件も!!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手
清原和博容疑者について東京地裁は
10日間の勾留を認める決定をしました。
取り調べも本格化しますが
薬物事件で逮捕された容疑者には
禁断症状との闘いも待ち受けています。
2014年に覚せい剤取締法違反の罪で
有罪判決を受けた歌手、ASKA
逮捕から8日で病院に搬送されており
清原容疑者の体調にも注目が集まりそうです。

一般的に10日ほどすると覚醒剤が切れ
吐き気、発汗、脈拍数増加、水を飲みたがる
などの症状が現れるらしい…

スポンサードリンク

清原容疑者の事件の前に
大きな注目を集めたASKA元被告も
覚せい剤取締法違反(所持、使用)容疑で
警視庁に逮捕された8日目の夜に
頭痛や吐き気を訴え
病院に搬送されています。

特に清原容疑者は
逮捕前から数々の“奇行”が週刊誌報道や
自身のブログで明らかにされてきています。
今年1月18日付のブログで
飲食店の客に指を指されたことに立腹して
灰皿をたたき割った」とつづり
14年3月の週刊文春は
妻を包丁を持って追いかけ回した
と報じています。

すでに“やめたくてもやめられない
中毒状態だった可能性が高かったよう…

六本木事情通によると…

「これまでに少なくとも2度
病院に緊急搬送されていると聞いている。
幻覚、幻聴、被害妄想で不安になり
突然、暴れだす。
禁断症状なのか
フラッシュバックなのかは分からないが
いずれにしても相当、重度。
錯乱状態のようになって
ストレッチャーに縛り付けられたこともあったという。
逮捕直前にも都内港区の病院の救急に世話になっている。
自宅で暴れだしたのか
付き添ってきた20代とおぼしき女性が
不安そうに震えていたそうだ。
30分もしないうちに我に返って
何事もなかったように『お世話になりました』
と頭を下げて帰っていった。
病院の関係者からそう聞いた。
当然、警察に通報もいっただろう。
逮捕のきっかけになったんじゃないか」

その日は、知人の会社経営者が開いた内輪の忘年会。
場所は六本木の高級クラブのVIPルームだった。

参加者のひとり

「最初から様子がおかしかった。
清原さんは、約束の時間に
1時間以上も遅れてきながら
遅刻を詫びるでもなく
部屋の入り口にボーッと突っ立ってた。
参加者に促されて席につくとき
数人の顔見知りに会釈をして挨拶したものの
ずっと押し黙って一点を見詰めているような感じ。
体調が悪いのかと思ったんですが……」

しばらくすると
清原容疑者は店の関係者にトイレの場所を確認し
席を立って部屋を出た。
30分以上も経ってようやく
戻ってきた清原容疑者の様子は
さっきまでとは打って変わっていたという。

同じ参加者

「最初に挨拶したはずの知人に向かって
 『久しぶりー! 来てたんですかあ?』と声をかけるなど
 やたらとハイテンション。
 その知人の隣に座ると
 『乾杯しましょうや』とジョッキでビールを4つ頼み
 近くの席にいた別のふたりを巻き込んで
 『カンパーイ』と声を上げた。
 その瞬間です
 持っていたジョッキが粉々に割れ
 中のビールとガラスの破片が飛び散った。
 それがひとりの目の横を傷つけて
 大騒ぎになったのですが
 清原さんは豪快に笑って
 ビールのおかわりを頼んでました」

乾杯の力加減まで
分からなくなっていたのだからフツーではなく…

トイレに立った“空白の30分”に
何があったかは知る由もありませんが
清原容疑者はこの忘年会が開かれた
3年前からそんな状態だったようです。
純白のスーツを着て現れた巨人の沖縄キャンプで
異様な風貌とロレツの回らない口調が
話題になったのは
その2カ月後のことでありました。

清原容疑者の勾留中の禁断症状については

「覚醒剤に手を出す人は精神的に弱い人が多い。
 そういう人は逮捕されて取り調べを受けるだけで
 不調を訴えることもある」

取り調べで覚醒剤の入手先を明かさず
対決姿勢を取っているだけに
精神面の不安が体調に
影響を与えそうです。
 

 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。