SMAPの今後は!?数年後の姿は…

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

1月21日発売号の「週刊新潮」で
当事者であるメリー副社長の
独占インタビューを掲載しています。
生謝罪が行われる前
各スポーツ紙は

木村を除く4人の独立には
大手プロダクションの後ろ盾がある

という趣旨の記事を報じていました。

芸能担当記者によると

「大手プロとは
タモリなどが所属する
田辺エージェンシー』のことです。
タモリが長年司会を務めた
笑っていいとも!』に
メンバー3人がレギュラーとして出演し
とりわけ中居はタモリとの親交が深い。
その関係もあり、4人は
田辺』へ入ることが決まっている
との話が出回りました」

この騒動と『田辺』との関連について尋ねると
メリー氏はこう答えています。

「昨年末、12月27日だったと思いますが
私の友人からの伝言で
田邊さん(昭知・田辺エージェンシー社長)が
私に『4人を元に戻してくれないか』と
言ってらっしゃるのを知りました。
田邊さんは、SMAPはひとつであるべきだし
ジャニーズ事務所を出てはいけない
とのお考えだったようです。
田邊さんによれば、中居に対して
あとの3人をきちんとまとめて
ジャニーズ事務所に挨拶に行くこと
そして、仲間が1人
ある意味ケンカみたいになっているのだから
木村にも謝ってきなさい
と既にきちんと伝えてあるとのことでした。
そこで私は
では、それを待ちます』と
お返事をしておいたのです」

“中居からも誰からも何の連絡もありませんでした”

スポンサードリンク

「ところが、その後
中居からも誰からも何の連絡もありませんでした。
年末から既に1週間以上、経っています。
私はどうしようかな、と思った。
そのまま1月7日まで待ちましたが
結局、それでも何の動きもないままでした」

そこで、田辺エージェンシーに赴いたメリー氏。
4人からの連絡がないことを伝えると
田邊氏は驚いていたという。

「きちんと言っておきたいのは
私は4人を追い出したわけでも
受け入れないと言ったわけでもありません。
むしろ田邊さんから言われて
『受け入れます』とお返事をしました。
それなのに、誰も挨拶に来なかった。
これははっきりとさせておきます」

結果メリー氏
そしてジャニー喜多川社長に対して
謝罪が行われたのは
1月17日午後11時――「SMAP×SMAP」放送の前日になってのことだという。
以上…1/20発売の「週刊新潮」2016年1月28日号
ではこう掲載されています。

メリー氏から“パワハラ解雇通告”を受けた飯島氏は
田辺エージェンシーの田邊社長に相談して
ケイダッシュがバックに付く形での独立話を進めていました。

新潮」はメリー氏への質問の中で
SMAPと飯島氏は当初
田辺エージェンシーに移籍することになっていたのではないか
と訊いて否定されているが
これは「新潮」の間違いとのこと…

田邊社長は飯島氏に相談を受けた際
本体では受けられないとして
関係の深いケイダッシュを紹介したといわれています。

そしてSMAPの契約更新を翌月に控えた
昨年8月
飯島氏は正式にジャニーズ事務所に対して
SMAPを連れて独立したい」と申し入れ。
もちろん、その年の独立は認められませんでしたが
2016年9月の独立を前提に
細かい条件面での交渉が始まっていたはずでした。
しかしメリー社長は11月から12月になって突如
態度を豹変させます。
コンサートの営業権は渡さない」と難癖をつけたあげく
絶対に独立は認めない」と言い出し
さらにこれに呼応するように
それまで態度を明確にしなかった
木村さんも突如
ジャニーズ事務所に残留する」と表明。
そして、メリー氏は仲介者である
田邊氏にクレームし
田邊氏が慌てて
ケイダッシュに独立のプロジェクトをストップさせ
飯島氏と4人は完全にハシゴを外されてしまい
身動きが取れなくなってしまいました。
これが今回の解散危機の真相ですが…

しかしメリー氏はこうした事実をネグり
4人が謝罪に来なかったから
こういう事態になってしまったと言い張っています。

メリー氏の言う「4人が謝罪に来なかった」
ということ自体が大嘘らしい。

そう語るのはジャニーズ関係者

「SMAPの4人も飯島さんも
暗礁に乗り上げてから
いろんなルートでメリーさんに謝罪をしようと
アプローチしていましたし
ジャニーズ事務所内部でもなんとか
落とし所を探っていた。
ところが、メリーさんが頑として首をたてにふらず
4人に会おうとしなかったんです。
世間のジャニーズ批判の声が高まり
スポンサーや政財界からも圧力があったため
ようやくぎりぎりの段階になって
田邊氏の説得を聞き入れ
17日午後
メリーさんはジャニーさんとともに
中居たちに会いましたが
それでも
SMAPの存続を認める』とは
最後までいわなかった。
逆に
公の場で謝罪しろ』の一点張り。
だから、ああいう存続表明のない生謝罪が行われた。
あれは、ファンへの謝罪でなく
メリーさんへの謝罪だったんです」

日刊スポーツの紙面では
独立しようとした4人に対してジャニーズ事務所が
処分なし」という方針を決めたと報道しましたが
スポーツ紙記者によれば

「これで、処分なんかしたら
世論が黙っていませんからね。
それくらいは、さすがのジャニーズもわかっている。
しかし、裏ではゆっくりと
世間に気づかれない形で
中居らを干しあげていくはずです。
週刊誌もこれから先
中居のスキャンダルを次々書き始めるでしょう。
でも、ジャニーズは守らない。
そうして、ゆっくりイメージを落としていくんでしょう。
はっきいりって、ジャニーズ本体は
SMAPになんの愛着ももっていませんから
どうでもいいんですよ」

ジャニーズ事務所の中居さんたちへの
攻撃はこれからはじまるのでは??
数年後のSMAP…
テレビで見られるのは
木村拓哉さんだけの姿に
なっていなければよいことを
願っております。

SMAP解散理由…真実の行方は!?木村拓哉のハワイ行きは計画的だった!?残されたメンバーは独立の方向へ!?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。