中居正広がもはや後悔!?って…報道の裏はジャニーズ事務所の…

この記事は5分で読めます

スポンサードリンク

複数のスポーツ紙が中居正広さんら4人が翻意し
ジャニーズ事務所に戻りたがっている」と書きはじめています。

分裂危機の渦中にあるSMAPの中居正広(43)が
ジャニーズ事務所の先輩後輩や芸能界の親しい友人たちに
メールで心境を明かしていることが14日、分かった。
現在の事態を招いたことに痛恨の念をにじませる内容で
「これからは命を懸けてSMAPを守る」とあらゆる手段を講じて
グループ消滅を回避する決意を表明。
「独立=SMAP解体」という当たり前のことにようやく気付き
何としても元の形に戻りたいとの思いを伝えている。
ジャニーズ事務所の仲間だけでなく
タモリ(70)、明石家さんま(60)ら
大物芸能人からスポーツ選手、文化人まで
中居は幅広い交友関係を誇る。
スポニチの報道で13日、SMAPの分裂危機が表面化した後
かなりの数の友人にメールを送っている。
そこには現在の事態を招いたことへの
深い後悔の念をにじませる文章がある。
「SMAPをやめたくない」
「これからは命を懸けてSMAPを守る」という内容で
何としても元の形に戻りたいという強い思いを伝えている。
中居は「育ての親」とされる女性マネジャー(58)が昨夏
退社に動き出したことに同調。
稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)とともに
独立を決断した。
関係者によると
残留を決めた木村拓哉(43)に対しては
「なぜついてこないのか分からない」と
周囲に不満を漏らしていたという。
分裂危機の渦中にあるSMAPの中居正広(43)が
ジャニーズ事務所の先輩後輩や芸能界の親しい友人たちに
メールで心境を明かしていることが14日、分かった。
SMAPというグループ名はジャニー喜多川社長(84)が命名したもの。
たとえ5人そろってジャニーズ事務所から独立しても
グループ名を使うことはできない。
「独立=SMAP解体」という当たり前のことが分からない状態になっていた。
中居以外の3人も今では「戻りたい」と思っている。
今回の騒動で一番傷ついたのは5人のメンバー。
女性マネジャーは自ら芸能界から身を引くことで
全員が元の形に戻ることを望んでいるが
無謀なクーデターをしておきながら簡単に戻れるはずがない。
ただ、わずかな希望は残っている。
実は独立の意思を固めて以降
メンバーの誰もジャニー喜多川社長とメリー喜多川副社長に会っていない。
4人が直接謝罪をし
さらに今回の騒動を注視している日本中のファンから
声が上がれば事態を動かすかもしれない。
分裂、解散危機騒動の渦中にあるSMAPの中居正広(43)
が芸能界の大物に相談したところ
「グループに戻りたいなら、木村拓哉に土下座するぐらい謝れ」
とアドバイスを受けていたことが15日、分かった。
独立の意志を固めていた4人は
木村拓哉(43)が昨年12月にジャニーズ事務所残留を決めて以降
ほとんど木村と会話しなかった。
それが理由で感情的なしこりが残り
中居が木村に電話をしても
出てもらえない状況が続いているという。
ただ、情に厚いキムタクだけに最終的には
事務所との橋渡しをする可能性が残っている。
(以下省略)
中居は木村に謝罪を受け入れてもらえるのか…。
SMAPの未来は2人の“絆”にかかっている。
消滅の危機が発覚したSMAPのうち
ジャニーズ事務所を退社
独立する方向だった中居正広(43)、稲垣吾郎(42)
草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)が
行き場を失っていることが14日、分かった。
(以下省略)
独立が困難になると
女性マネジャーが芸能界から去ることで
4人を事務所に戻す方向となった
反旗を翻したとの印象が強く事務所との信頼関係は崩れた。
関係者の中からは
「戻るのはなかなか難しい」と
解散の流れが強いとの声もあるが
13日に事務所も認めた通り今後も協議を重ねていく。
4人は残留も独立の道も険しい状況だが
残りの契約期間は8カ月で時間はある。
ファンの望む形に収まるか、動向が注視される。

スポーツ紙の
中居が後悔している
4人は事務所に戻りたがっている」という情報はすべて
ジャニーズ事務所サイドから流されたものだとゆう…

スポンサードリンク

これらの報道には裏があるとゆうのは
あるスポーツ紙のJ担記者

「この間、ジャニーズの名物広報担当Sが
 マスコミにどんどん情報を流しているんですが
 ジャニーズ側がしつこいくらいに言ってきているのが
『中居たちが戻りたがっている、後悔している、と書け』
 ということ。
 それでいて、ジャニーズ事務所は
 そんなことを認めるつもりはない
 そんなことが許されるはずがない
 と凄むんです。
 他の新聞も完全にそのシナリオに沿った形になっていますね」

 
記事をきちんと読むと
あちこちに飯島マネージャーを糾弾する記述はもちろん
これまでタブーだったはずの中居正広さんを
批判する記述が出てきています。

スポニチは、今回の決断の首謀者が中居であることを強調し
中居さんがまるで錯乱状態にあるかのように描写しています。

SMAPというグループ名はジャニー喜多川社長が命名したもの。
たとえ5人そろってジャニーズ事務所から独立しても
グループ名を使うことはできない。
「独立=SMAP解体」という当たり前のことが
分からない状態になっていた。
年末年始の仕事現場で
中居らが木村を無視する事態も発生したとして
木村さえついて来ればSMAPは存続するはずだという誤解が
28年苦楽をともにしてきた盟友への冷酷な仕打ちに走らせた

まるで中居さんたちが
木村さんイジメをしていたかのようなことまで
書かれています。

他のスポーツ紙にも
中居さんのせいでSMAPが解散に追い込まれたかのような記述。
そして、これらのスポーツ紙が対照的に褒め称えているのが
残留を決意した木村さんの絶賛ぶりです。
スポニチ

木村が当初から一貫してぶれなかったのは
ジャニーズ事務所という土台あっての
自分たちの成功だということを理解していたからだ。

スポーツ報知

「キムタク鍵握る」として
キムタクだけがSMAP存続に動き
メリーさんに4人が戻れるようお願いしている

などと書いています。
 
解散をスクープした「週刊新潮」(新潮社)が指摘しているのは
今回、飯島マネージャーは自ら独立しようとしたわけではなく
メリー副社長からパワハラ解雇された結果の行動だった。
そして、キムタクが権力になびいて
飯島マネージャーと4人を裏切ったため
SMAP解散が決定的になった。
これに対しジャニーズ事務所には避難殺到…

「事務所にファンからの抗議が殺到しているんです。
 しかも、その大半がメリー副社長を非難するもの。
 こんなことは、ジャニーズ事務所始まって以来のことでしょう。
 それで大慌てで、事務所としても
 今までにはないような絡め手を使い始めたようです」

そこで
スポーツ紙にまったく逆のことを書かせることに…
スポーツ紙記者は

「飯島氏や中居らの単純な悪口だけだと
 露骨すぎる。それで
 中居ら自身も自分たちのほうが間違っていたと認めている
 という情報を書かせようとしたんでしょう。
 すぐに態度をくつがえすような浅はかな行動だったことを
 アピールすることもできますしね。
 また、復帰が難しい、独立しようとした
 タレントはペナルティを受けるのが当たり前の
 ルールであるかのように書かせて
 今後の圧力や強硬姿勢が批判されないよう
 予防線をはっているという部分もあると思います」

 
ジャニーズ事務所とメリー氏への非難の声は
事務所への電話攻勢だけでなく
ツイッターでも日増しに大きくなっています。
テレビ局関係者によれば
 

「解散阻止のCD購買運動まで起きるなど
 SMAPは国民的アイドルですからね。
 ジャニーズとしてもこれで本当に解散に追い込んでしまったら
 事務所全体に冷淡、ダークというイメージがついて
 他のタレントの人気に影響を与えかねない
 という危惧がある。だから、一方で
 ジャニーズはどこかのタイミングで
 中居たちを復帰させる可能性も考えているのではないでしょうか。
 今の段階では、マスコミに
 『ジャニーズ側が復帰を許すはずがない』
 とわざと厳しいことを書かせておいて
 どこかのタイミングで4人に直接
 メリーさんとジャニーさんに詫びを入れさせる。
 一方のメリーさんも快く復帰を認め
 懐の広さをアピール。
 これまでのマイナスイメージを一気に覆すという
 作戦があるのかもしれません」

しかしこうした和解案を聞き入れるような
状況ではないらいしいメリー喜多川氏は
怒りにくるっているらしく
恐るべき行動に出ているとゆうことです。

メリー氏はなんと自らマスコミに
飯島マネージャーと中居さんらの批判を
言い回っているのだとか…

スポーツ紙記者のこんな驚くべき証言

「週刊誌、スポーツ紙のベテランJ担記者のところには
 メリーさんから直接、電話がかかってきているようです。
 で、電話を取ると、飯島さんや中居らの悪口
 スキャンダルをまくしたてるらしい。
 中には、ちょっと活字にするのもはばかられるような話もあるようです。
 我々スポーツ紙は、まだ中居らの今後が
 はっきり決まっているわけでもありませんし
 そんな話をそのまま記事にすることはできませんが
 週刊誌は動くかもしれませんね」

 
実際、一部の週刊誌はすでにメリー情報をもとに
飯島マネージャーや4人のスキャンダルを特集しようと取材を開始しており
さっそく来週にはその一部が「女性セブン」(小学館)
FLASH」(光文社)などの御用メディアに掲載
されるかもしれないそうです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。