SMAP解散…木村拓哉だけが残る本当の理由とは!?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

今回の騒動は飯島派vsジュリー派の対立を発端に
ジャニーズ事務所の女帝であるメリー喜多川氏
娘のジュリー景子氏かわいさにゆえに
国民的アイドルグループSMAPを追い出したという
非常に理不尽な話だと思っています。
スマップ解散
そして飯島氏に育てられたメンバーたちが
その恩に報いて行動を共にしようとする中
飯島氏
一番人気のメンバー木村拓哉さんだけが
ただひとり権力になびいたことになります。
事務所に義理を通して残留を決めた木村拓哉さんのことを
スジを通した」と言われていますが
実際本当のところはどうなのでしょうか…

スポンサードリンク

事務所側と明確な軋轢がないのに退社することはできない」と
主張している木村拓哉さんですが
これまでもSMAP解散危機が何度か報じられたことはありました。
それは逆に木村拓哉さんが独立するという話で
軋轢がないどころか

20年以上前からジャニーズ事務所ともめてきたのは
木村拓哉さんであります。

90年代木村拓哉さんは“カオリン”と呼ばれる
一般女性と長く交際していましたが
その交際はファンからも本命の恋人と公認されるほどで
ジャニーズタレントとは思えないおおっぴらなものでした。
恋愛が御法度のジャニーズ事務所がそれを許すはずもなく
この交際をめぐり何度も事務所と対立。
とくに事務所の実務を担当するメリー喜多川氏

報道が出るたびに激怒し
それに木村拓哉さんも反発するなど
かなり激しく対立し
両者の不信感は相当なものだったといわれています。

さらにギャラの面では
ジャニーズ事務所はギャラが低いことで有名ですが
1996年にグループの旗艦番組SMAP×SMAP』がスタートしました。
さらに木村拓哉さん主演のドラマロングバケーション』も
社会現象になるほど大ヒットとなり
グループとしても木村拓哉さん個人としても
絶大な人気を確立していました。
当時の年収は1億でもおかしくないと思われていましたが
実際には1000万円にも届いていなかったといわれています。
噂レベルでなく具体的に
独立一歩手前までいったことがあったとゆうことです。
1997年には父親名義の会社から
写真集を出そうとしましたが
事務所の反対に遭うことになり
それをきっかけに
一気に独立に向けて動きだしたそうです。
週刊誌記者によると

「一部の週刊誌に報道されましたが
 芸能界の実力者にも根回しし
 父親名義で事務所を立ち上げ
 イザワオフィスとバーニングが共同出資して後ろ盾になる
 という話まで決まっていたんです」

ところがこの独立話は直前のところで回避されました。
ぎりぎりのところで
ジャニーズ側が大幅譲歩して
写真集も父親の会社から出ることになったそうです。
ジャニーズとしても
妥協せざるをえなかったとゆうことに…
ジャニーズ事務所の元関係者が解説するには

「このとき、ジャニーズは
 写真集を許可するだけでなく
 破格の待遇を裏取引で約束したんです。
 以降、SMAPのなかでもキムタクだけが
 ギャラの条件がまったくちがう特別扱い。
 恋愛や結婚に関しても
 キムタクの意志を尊重するという
 約束が取り交わされたようです」

これ以降木村拓哉さんが
独立を口にすることは一切なくなり
金銭的待遇もよく
結婚も思う通りにし
ジャニーズの力で
マスコミからも守ってもらえることになったんだとか。

 
飯島派とジュリー派の対立が激化する中で
木村拓哉さんだけは裏でメリー氏をはじめ
ジャニーズ本体とずっとつながっていたことになります。
週刊誌記者によると 

「ただし、キムタクはそのことを飯島氏にも他のメンバーにも
 一切言わなかったようです。
 今回の独立を計画している際も
 ぎりぎりまで態度を表明しなかった。
 まさか飯島もキムタクに裏切られると思っておらず
 土壇場でキムタクが残留すると主張し仰天したといわれる」

日刊スポーツもスポニチでは

「飯島にも恩義を感じているものの
 ジャニーズ事務所に育てられた意識は強く
 残留するのが筋と判断」

と木村さんの義理堅さを報じていますが
今までSMAPを育て上げてきた飯島さんや
他のSMAPメンバー4人にしてみれば
裏切り者は木村拓哉さんなのでは…

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • スマ太郎
    • 2016年 1月17日

    どちらも正論だから、裏切る、裏切らないの話しではないですよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。